2015年11月25日

音楽映画ベストテン

 今年もこちらに参加します。
 過去の参加リスト。

 <SF映画ベストテン
 <ホラー映画ベストテン
 <スポーツ映画ベストテン
 <アニメ映画ベストテン

 今年にこの題材とは……ラブライバーに荒らされないことを祈ります。

 さて。ちょっと苦労しました。自分はあんまり、音楽の観点で映画見ないからなー。マスト扱いされてるロックもほぼわからんし。
 それでも、わりと妥当な線を選べたような気がします。コメント欄の投票見てると、「どこに音楽の要素が……」というのがかなりあるようなので、それよかマシかと。

 まずリストから。洋画の年号は日本公開年。



  1. リンダリンダリンダ(2005/山下敦弘)
  2. スクール・オブ・ロック(2004/リチャード・リンクレイター)
  3. ベルヴィル・ランデブー(2004/シルヴァン・ショメ)
  4. きっと、うまくいく(2013/ラージクマール・ヒラニ)
  5. 映画けいおん!(2011/山田尚子)
  6. ブルース・ブラザーズ(1981/ジョン・ランディス)
  7. スウィングガールズ(2004/矢口史靖)
  8. 劇場版マクロスフロンティア サヨナラノツバサ(2011/河森正治)
  9. 劇場版マクロスフロンティア イツワリノウタヒメ(2009/河森正治)
  10. 北のカナリアたち(2012/阪本順治)




コメントを少し。

1位/リンダリンダリンダ
5位/映画けいおん!
7位/スウィングガールズ

なんか、傾向が見えますね(笑 はっちゃけて演奏する女の子は最高!
スウィングガールズに関していえば、本仮屋ユイカのドヤ顔がすべてですが!

2位/スクールオブロック
音楽をまっすぐテーマに据えた映画としては最高峰だと思います。エンドロールも最高。でもなぜ2位にしたかというと、ジャック・ブラックがクライマックスでダイブしたことは覚えてるけど、何歌ったかはまったく思い出せないから。

3位/ベルヴィルランデブー
音楽をテーマにした映画ではないけど、楽曲が最高。未だに歌える。トリプレットによる中盤の即興演奏もすばらしい。

4位/きっと、うまくいく
インド映画比較しだすと大変なことになるので、「オール・イズ・ウェル」がめっちゃ耳に残ってるこれを代表で。

6位/ブルースブラザーズ
古いところやミュージカル系からも一本入れたいなぁといろいろ考えた結果、これをセレクト。実はわりと最近見たのですが、アレサ・フランクリンの熱唱が、ストーリー的には意外にどうでもいいシーンで始まったことに驚きました。

8位、9位/マクロスフロンティア
2本まとめて。アイドルアニメがわさわさ出てきてますが、知る限り未だに最強。「ライブ演出」自体でアイドルの価値を上げることに成功している作品は、今のところこれだけでしょう。

10位/北のカナリアたち
1点狙いのネタで。名優たちの演技を凌駕して、「子役の合唱」が映画全体で唯一「見られるシーン」だったというすごい映画。


 クラシック系はゼロとなりました。なんか大感動したものがあった気がしなくもないのだけれど……。
 次点で「敬愛なるベートーベン」とか考えはしたけど、これも音楽じゃなくて「Wash Me」のインパクトだけが残ってるからなぁ……。

 以上です。よろしくお願いしまーす。



リンダリンダリンダ [DVD] -
リンダリンダリンダ [DVD]
posted by アッシュ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする