2016年02月24日

短評(キングオブプリズム/スティーブジョブズ/Xミッション)


 真田丸面白いよね!
 今の三谷幸喜は、台詞回しや「作品世界全体を俯瞰する」能力は相変わらずピカイチで、「個々のエピソードをつないで盛り上げる」能力が衰えてるんだと思います。
 ここしばらくでは「清須会議」がいちばん面白かったと思う自分としては、当面、そこらへんがあらかじめ決まってる歴史ものに取り組むのがいいんじゃないかな。


KING OF PRISM by PrettyRhythm
[70点]
@チネチッタ
 なんかネット上で「キンプリはいいぞ」とバズってたので、普段見ないフィラー作品にトライ。……そうしてやや期待値高い状態で見たのと、あと基本的に(男女問わず)アイドル文化にまったく興味がないせいか、思ったほどの「脱ぎ率」や「狂ってる感」は感じず、フィクションとして容認できる範疇です。
 それでも絶対に「女児アニメの延長」ではなく、作り手が脳内麻薬を出しまくりながら全力でクソ真面目にアホをやっている感覚は伝わってきて、常にキラキラエフェクトがかかる画面を見るうちに、男かつノーマルの自分でも少し体温上昇した感じがしたので、女の子だったらいわゆる「ヘヴン状態!」をリアル体感できるんじゃねぇかと思います。
 ふっと脳裏をよぎったのは、ここにある狂気はどこか、「トリオ・ザ・パンチ」出した頃のデータイーストのマッシヴ感をBL方面に置き換えたようなそんな、……あくまで個人の感想です。


スティーブ・ジョブズ
[55点]
@ムービル
 スティーブ・ジョブズの伝記映画を見に行ったはずなのに、
 大半は痴話喧嘩だったでござる
 父娘愛大事でまとめられたでござる
 舞台演劇的な会話映画としての完成度ならめっちゃ高いのは伝わってくるのに、「そんなの誰も望んでねーよ(確信)」なんでござる
 そもそも、あーちすと様たちにはそりゃあジョブズは神みたいな存在かもしらんけど、一般人が見たら「何あの偉そうなオッサン?」にしか見えん作りにすなや! 今の世代、アップルIIはおろかiMacすら知っとるかも怪しいわ!
 ていうか、本作で省かれた「アップルIIとiPodをメインにした」アシュトン・カッチャー版を見とくと理解しやすいわけで、「予習してから見てね?」ってなんで別の作品見るのが前提みたいな話になっとんねーん!


X-ミッション
[50点]
@チネチッタ
 エクストリームスポーツを題材にしたアクションもの。
 登場する犯罪集団にはいちおう「環境過激派」的な理屈がつけてあるんですが、その「思想」に基づく「行動」が、なんで札束ばらまいたり山爆破したり、果ては「金ないんで銀行強盗→銃撃戦」というフツーなコトになるのかまったく理解できないので、ストーリーは考えるだけ無駄です。(ちなみにその「思想」の提唱者は日本人仏教徒みたいで、その説明に「悟り」って言葉が字幕に出るんですが、セリフ上は「ボンノー」言ってるように聞こえたのは気のせいか)

 なので完全に映像を見る映画ですが、予告でバンバン出てきたウイングスーツのシーンがエクストリーム感の最大値で、それ以上の興奮はなかったのが残念。
 ていうか、ノーCGを謳っているのに、完全にリアルを撮っているシーンと、明らかにCG込みのシーンやフィクションでなければありえない嘘を、何の注意もなく混ぜているので、「全部つくりものじゃね?」が通ってしまう時点で、自分から企画倒れにしてしまった失敗作としか……。
 たとえば、撮影上は絶対に安全対策しているのはわかるのですが、いちばん金玉ヒュンヒュン来るやべぇ映像が出来上がってるのは、「フリークライミング」なんです。
 でもその後に、なぜ「飛び降り」をエクストリームスポーツの一環として追加してしまうのか。あれ、物理的に生存不可能です。エンジェルフォールに滝壺は存在しません(高さに比して水量が少ないため、空中で散乱して地面から見ると単なる雨)し、仮に下が水面であっても衝撃は固体並みです。調べたら、飛び込みの高さの世界最高記録はたったの60mだそうです。



劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc -
劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc
posted by アッシュ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする