2016年05月17日

短評(亜人2/WAT/赤塚不二夫)


亜人 -衝突-
[70点]
@ヒューマントラストシネマ渋谷
 すげぇ。ちょっと唸った。
 この「すげぇ」は話の面白さの観点とは少し違います。いや、面白いんだけどさ。
 この作品はテレビシリーズの総集編映画で、前作はテレビ放送前に、「1話〜6話」まで編集した内容を公開したわけです。なら本作は放送済みの「7話〜13話」の総集編だと思うじゃん? 否。その先、+2話分くらい、一気に「総集」してしまう。加えて、テレビシリーズでは忘れられた友人キャラのエピソードも織り込むという盛り沢山。
 それで2時間? そりゃあ端折りすぎでしょ! と思うじゃん? それも否。ほとんど端折ってません。
 ほぼ同じシナリオからスタートし、「テンポ優先で徹底的に刈り込んだバージョン」が本作で、「いろいろ重みをつけて盛り込んだバージョン」がテレビシリーズと考えるべきでしょう。映画とテレビ企画が同時進行していたとはいっても、ここまで潔く切り分けたのは、正直、未体験ゾーン。
 物語創作に携わる人は、いちど見比べてみると面白いかも。


WAT 世界のアニメーションシアター
[75点]
@トリウッド
 久々にトリウッドで短編アニメーション集。<いろいろな愛を描くアニメーション><社会的視点を持つアニメーション>の、約1時間ずつ2プログラム。

 小規模製作のアニメーションも、テクノロジーの進化でだいぶすごいことになってきました、というのが味わえます。
 「ホワイトテープ」「ブラックテープ」の連作が、単なる技術ひけらかしで、元となった実写見せてもらったほうがなんぼかええんちゃうん、という印象を受けるほかは、いずれも「アニメでこそ」という題材、かつ、実にエンタメしていて、とてもクオリティが高く楽しいです。
 「ビトイーン・タイムス」でパン屋の髪型がくるくる変わる小ネタとか、「ギータ」のキレッキレの手描きアニメーションとか。「真逆のふたり」ではサカサマのパテマの二人が倦怠期を迎えた続編(違)を見ることができます。
 「Otto」は短編アニメーションにしておくのがもったいないアイディアなので長編で見てみたく、また、「アフガニスタン -戦場の友情-」の作者が次に作るというヒーローものが凄く見たい。

 で、見どころのひとつは、作品の上映前に流れる監督さんたちの自撮りメッセージで、これがみなさん「え? マジ? 日本で上映されるの? ひゃっほーい!」てな感じで、日本てやっぱこの人らには「聖地」なんやろなぁと微笑ましくなること請け合い。
 トリウッドは5/29まで。夜の上映は20日まで。


マンガをはみ出した男 赤塚不二夫
[50点]
@渋谷アップリンク
 ヘンリー・ダーガーダニエル・ジョンストンと同じパターン。題材となるアーティストがすごい人でも、語るドキュメンタリー映像作家が凡庸なので(何せ本作の監督はコレの人だ!)、思い出語りの映像記録としてはテンポよくて面白いけど、それ以上の意味はなし。
 突っ込んで欲しかったのは、彼のあのエキセントリックな感覚の源泉はどこか、て部分だのに、「満州が原風景」でバッサリ。同じ満州出身のちばてつやにも語らせといて、それでまとめちゃうんだぜ? なら「ちばてつやと赤塚不二夫の芸風の違い」はなんでスルーよ?(個人的には新潟時代や、「これでいいのだ!」がウケた社会背景とかも、もっと掘り下げて欲しかった)
 どうも、あまり深く考えてなくて、「これだとみんな納得するキレイなまとめだよね。あ〜、スッキリ!」って喜んでる感じがあるんだよな。赤塚不二夫にそういうスッキリ感、誰も求めてないと思うんだ。

 ……それにしてもアップリンク久々だった……何年ぶりだオイ……たぶん「火星人メルカーノ」以来。このブログ始める前です……。



火星人メルカーノ [DVD] -
火星人メルカーノ [DVD]
posted by アッシュ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする