2016年05月25日

シンドバッド

[55点]@TジョイPRINCE品川(旧品川プリンスシネマ)

 うわぁぁぁ超もったいねぇぇぇ
 ラピュタ級のポテンシャルがある作品なのに! これが完成型とは!
 やっぱり宮下新平監督が亡くなったことは、致命的な痛手だったんだろうな……。トワノクオンもそうだったけど、せっかくのオリジナルシリーズがこういう不幸に見舞われるとやっぱ辛いやね……。
 本作はいくらでも言い訳してくれて構わないので、ぜひリベンジしていただきたく。

 第一部第二部
 今回、「第三部」の公開であるはずが、前半に第一部第二部のダイジェストを置いてまとめた、2時間の作品として公開されました。第三部単体だと、これまでの不入りに合わせた観客数しか見込めない、が理由かと思ったのですが、実際見てみてわかりました。最大の理由は別にあります。
 第二部の感想で「微妙、間延びしている」と書きました。しかし今回、いわば「第三部前半」として挿入された、サナの過去回想&「ランプの謎が解ける」の部分が、本来は「第二部終盤」だったとするとすごくスッキリするのです。各章いずれも「サナの立ち位置が変化する」で幕を閉じることになるから。
 おそらく、監督急逝の影響で制作体制が混乱、第二部は「制作可能な部分だけ」で体裁を整えるしかなかった。本来は編集でカットすべき冗長な部分も、全部入れ込んだ状態で公開せざるを得なかったのでしょう。

 そしてその影響が続いたか、先に進むほど見せ方が平板でうまくない印象(アニメーションの面白さは、最初のじゅうたん空中戦がピークと言うしかない)。結末に至っては、「第三部終盤」になるはずの部分がほぼセリフなしのダイジェストという有様に……。
 「サナとシンドバッドの関係」だけはどうにか整えた(ベタな演出だけど、「サナ>シンドバッドだった身長が、ラストでは同じ高さに並んでいる」はグッときた)ものの、他はかなりお粗末。
 特に、現代的でうまく作りこまれた悪役、ガリプの結末に、伏線も説明もないのは本当にもったいない。ていうか、あれだと「サナの魔力が途切れたから砂嵐を防御できなかった」という見方になりそうなんだけど、物語的には、「砂嵐の予兆の情報はあったが、『自分に都合のいい情報しか見なかったので』適切に対処できなかった」の方が因果応報なわけで、彼に本来はどういう結末を用意していたのか、すごく気になりますね。

 あと、シンドバッドの父親母親ともに魔法族とは結局無関係、ていうのが意外。ここも本当は何か入れるつもりだった気がして、その上でただ「帰る」というラストに、これまたもったいない感があふれるのです。


 それでも、意欲的なオリジナルアニメーションには違いないので、コレを単なる「失敗作」としてしまわないためにも、皆様にはぜひ劇場へ足を運んでいただきたく。Tジョイ品川、2週目にして朝一回の公開になってしまいましたが……。

 特に、ブラック企業にお勤めの方にオススメ。憎めない悪役ダールさんの、
 現場の人間なめんなー!」からの華麗なる転職成功にぜひ溜飲を下げてください。



シンドバッド 魔法のランプと動く島 -
シンドバッド 魔法のランプと動く島
posted by アッシュ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする