2016年06月28日

短評(ガンダムサンダーボルト/エクスマキナ/10クローバーフィールドレーン/シークレットアイズ)


機動戦士ガンダム サンダーボルト -December Sky-
[75点]
@新宿ピカデリー
 ウェブ配信された作品の総集編。だけど、これは劇場で観てナンボといっていい作品。音響や作画もさることながら、本作は主人公両名がガチで「殺す」の感情剥き出しでぶつかり合い、かつその熱量・脳内麻薬放出量が先に進むほどにえらい勢いで上がっていくので、ぶつ切りで見るのは絶対もったいないです。
 「命の価値」の扱い方も、従来作品とは一線を画し、まさにお子様お断りの「戦争」するガンダム。面白かった!
 

エクスマキナ
[80点]
@チネチッタ
 これじゃないよ。本年度アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSF作品。
 ひとこと、傑作。……なんだけど、説明する言葉が追いつかなくて困ってます。ドラマのほとんどが高水準の理系&哲学的会話で構成された知的フィクション。といっても、小難しい専門用語で眩惑することなく、物語としても興を引く「裏をかく」「その裏をかく」の心理戦を成立させながら、「人間」と「人工知能」の差異を探り当てるべく深く潜っていくので、最後まで目が離せません。
 もっとも、実質四人しかいない登場人物が、ほぼ会話で絡み合うだけなので、娯楽作だと思ってたり「わーい美少女アンドロイドだー」とか思ってライトな気分で見ると死にます。注意されたし。
 音楽と映像も素晴らしいです。日本では絶対に撮れない作品。あぶない刑事の感想でも書いたけど、あぁいう未来的な印象のある建築物がないからね!


10 クローバーフィールド レーン
[60点]
@TOHOシネマズ日劇
 「クローバーフィールド」の続編……というか、同一世界観で、POVからシチュエーションサスペンスに「ジャンルを変えた」別作品。こういう展開の仕方は面白い。
 サスペンスとしては普通。真新しいところは特にないけど、話の抑揚といい伏線の置き方といいキッチリ作り込まれ、低予算なりに時間忘れて見入ってしまう良い娯楽作でした。「SAW」みたいな導入が安直過ぎたのと、「過酸化塩素酸」の登場のイキナリ感はマイナスかも。
 僕はヤツが出てくることは百も承知で見てたわけだけども、……というか、もっと早く出てくるかと思ったら、今回も最後だけかいっていう……知らない人はアレどう思ったんでしょうか。すごいオチ……とは感じないんじゃないかな……。


シークレット・アイズ
[65点]
@TOHOシネマズシャンテ
 アルゼンチンで大ヒットしたという作品の、ハリウッドリメイク。
 発端は13年前の殺人事件。被害者が警察官の娘、容疑者が警察に情報を売る情報屋、という組み合わせ。情報屋を守るために事件は握りつぶされてしまい、それを不服としていったんは警察を辞めた主人公は、その容疑者が別件逮捕後釈放されたのを探り当て、担当検事に再捜査を求める……という筋立て。
 率直に言って、これは元となったアルゼンチン版が見てみたいです。たぶん、警察内の腐敗した派閥と正義感のある派閥の抗争、みたいなシンプルな設定がベースだと思うんですよ。しかし本作は、発端の事件がアメリカ中がテロ再発に怯える911直後に設定され、情報屋が「モスクの情報の提供者」になっているため、焦点がぼやけてるし、最終的に「なぜあんなにも守りたかった情報屋が消えたことが問題視されてないのか」疑問が残ります。
 しかしながら、ほどよくダマされた感を味わえるうまいミスリードがなされていて、後味悪い終わり方が後味いいです。13年前の犯人と現在追っかけてる人物は別人」というのは、「性癖の違い」ゆえに見てる側にはほぼ序盤から明らかなのに、主人公はそこを無視して行動するので、違和感も彼を中心にできあがります。しかし提示される真相は至ってシンプルにしてもっと残酷なのです。



機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray] -
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY (メーカー特典なし) [Blu-ray]
posted by アッシュ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする