2016年07月27日

21世紀のアニメ映画ベスト50?


 1位に「千と千尋」が入ったことでちょっと話題になってますが、このランキングはクソです。

 なぜなら、他のあらゆる名作を差し置いて、4位に「なんて素敵な日」を入れているからです。
 この見慣れないタイトルの作品が気になった方に対し、忠告します。クソです。

 このエントリの中段で「寝た」と書いた作品で、当時は部分的な短編でしたが、別の機会に完成版を見ました。さらに破壊力が増しています。熟睡です。
 見終えた瞬間に忘れようと試みたので感想も書いておりません。思い出しちゃったじゃねぇかよクソ。

 このハーツフェルトというアニメ作家は、以前流行った棒人間スプラッタアニメに乗せて「延々と念仏でテツガクを垂れる」が作風である、と理解する必要があります。これより面白いアートアニメーションを作っている人はナンボでもいると思います。それこそ、39位の「父を探して」とか。
 英語がわかる人ならその作風を理解した上で面白いのかもしれませんが、字幕を追ってなんとか、という日本人には苦痛以外の何物でもないので注意されたし。

 日本人的にはつまり、「立喰師列伝」路線ばっかり作ってる押井守、と思っときゃいいです。向こうでもそういうのに信者がつくんでしょう、たぶん。

(全体を見渡しても、「千と千尋」「インサイドヘッド」「Mr.FOX」「戦場でワルツを」「風立ちぬ」「ペルセポリス」と、アニメーションの面白さより「小難しいあるいは眩惑的な主題」を持つものが上位に来ている印象……。)



つまり「ベルヴィル・ランデブー」がその下の5位ってのが許せんって話さ!

ベルヴィル・ランデブー [DVD] -
ベルヴィル・ランデブー [DVD]
posted by アッシュ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする