2016年12月08日

コラム

 最近の関心事は、映画館では結局このふざけた予告しか見なかったモンストの映画が、本当に今週末に公開されるのか、ってことです。



 制作状況に関係なく、正月興行したいけど「妖怪ウォッチ」より前に始めないと埋もれるぞ! みたいな公開日の決め方したんじゃねぇか、って気がすんだよなぁ。やばそうだなぁ。
 見ないけど。

<12/14 追記>
特典ありきとはいえ、「海賊と呼ばれた男」を上回って週末興収1位とか。おみそれしました。



 トリウッドでこんな企画が。マジか。
 「下北沢 鷹の爪映画祭」
 「カスペルスキー」見てないんだよな。どうしようかな。

 ……「6」はともかく、「女王陛下のジョブーブ」がラインナップにないのは、リクルートに断られたんでしょうか。



 めでたく邦画興収ベストスリーを神木龍之介出演作品が占め、こんな話がネタめいて出回る昨今ですから、神木龍之介が声を当てたアニメ映画特集! とかいって、「アーサーとミニモイ」シリーズをリバイバルする奇特な映画館、ありませんか? ていうか、第三部を日本公開したりしませんか?
 ←今調べたら、第三部は結局DVDスルーだったのだけど、声を当ててるの神木龍之介じゃなかった! なんてこった!



 目黒シネマとキネカ大森で新海誠の旧作再鑑賞してきました。でも秒速は見ない。一生見ない。
 「雲の向こう、約束の場所」について甚だしい勘違いをしていて、「君の名は。」の感想を書き直したのはナイショ。
 で、当時は劣化ジブリとさんざん叩かれた「星を追う子供」ですが、やっぱり自分にとっては傑作であることを再確認しました。
 あの作品は、ジブリの影響下にあるのは確かだけど、ジブリ的なものはすべて「死後の世界」にあり、「それに対して妄執を持つ者」と「それを受容していない者」とが旅をするロードムービーなんだから、比較してどうのという作業は不毛でしかありません。
 そもそもが冒険活劇を目指しておらず、もしも「フォロワー」という単語を使うなら、宮崎駿ではなく「宮崎悟朗」のフォロワーだという観点で見ないと、おかしなことになると思うのですよ。



アーサーとミニモイの不思議な国、魔王マルタザールの逆襲、ふたつの世界の決戦 [レンタル落ち] 全3巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品] -
アーサーとミニモイの不思議な国、魔王マルタザールの逆襲、ふたつの世界の決戦 [レンタル落ち] 全3巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
posted by アッシュ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする