2016年12月22日

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

[60点]@TOHOシネマズ川崎

 妖怪ウォッチは、しばらく遠ざかっていたコンテンツだったんですが、本作に限っては、実はものすごく期待してました。
 予告編を見たときのあの戦慄は忘れられません。これはスゴイ。ローグ・ワンなんかメじゃねぇって。

 今までにも、実写とアニメの融合、なんて作品はいくらでもありました。しかし、アニメの側を「主」「真」「正常な世界」とし、実写を「従」「偽」「異常な世界」と定義して物語を構築した作品があったかって話ですよ。
 少なくとも予告編はそう見えたんだ。

 実際見てみて、どうだったか、というと。
 残念ながら、結局は「実写が主」でした。実写とアニメが文字通りに平行世界である設定で、ケガに絶望した「実写側」の人物が妖怪を生み出し、「自由に動ける」という理由でアニメ世界に紛れこんできた、というストーリー。
 そんでもって、実写とアニメで「ルール」にあまり違いがない、あるいは想像のつく範疇でしかなかったです。違いに意味があったのはせいぜい、「現実的だから」アニメっぽい技は全然効かない、くらいでした。でも、敵による「キャラを魚に変える」技はフツーに実写側で通用してるというね。

 つまるところ、せっかくのダブル世界のアイディアは生かしきれてない印象。そもそもなぜ「実写/アニメ」の切り替えが効くのか、それがなんでコアラの能力なのか、とかも全然わかりません。
 ……妖怪ウォッチ、というか日野晃博に論理的整合性を求めるほうが無理筋でしたわあっはっは。あきらめた。


 素直にいつものギャグアニメとしてみると、実写を「毛穴世界」と呼ぶセンスとか、一瞬だけ登場する(予告でも圧倒的存在感があった)遠藤憲一の人面犬のインパクトとか、ギャグやってネタやって終わったら次のネタいってみよー! という変わらぬコロコロノリで楽しいです。
 その点、人面犬は一瞬なんだけど、遠藤憲一は別の形で映画全体のオチを担当しています。これが、論理的整合性ぶん投げの最たるものであると同時に、すでに「おもしろかったねー」とか言ってお帰りモードに入っていた子供たちを大爆笑に包む素晴らしいキレ味で、ここで笑ってもらえたらギャグアニメの本懐極まれりってモンでしょう。
 オトナにゃもうわからん世界ですが、その意味では傑作かもしれません。


 遠藤憲一以外の「実写勢」ですが、

 澤部佑のクマは出オチでした。
 ゲストヒロインたる浜辺美波は、最重要役でありながら存在感があまりありません。最近あちこちに出ててゴリ押し感ある人ですが、声も顔もかわいくなく、正直、使い倒されたあげくにポイ捨てされる将来しか見えません。かわいそうな感じがします。
 一方で武井咲がべらぼうに美しくて、小学生設定のヒロインズと並べても遜色ないのが怖いくらいでした。つーか、「毛穴世界」なのにあんな肌つるっつるの毛穴なさそうな人をなぜ使ったのだ(褒めてます)。

 だが山崎賢人と斎藤工、おめーらはダメだ。
 おめーらのダンスは、王と面従腹背の部下がなぜか完璧に合う、ってのがギャグのキモだろうが。なんだあのてんでバラバラのやる気のない手抜き。子供向けだからってナメてんじゃねぇ、まじめにやれ!



映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン! -
映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
posted by アッシュ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする