2017年01月30日

沈黙 -サイレンス-

[80点]@ムービル

 凄かった。何がどこがと言われると、たぶん詳しく言えるのは実際にカトリックの人だけなんだろうけど。この作品は本当に、実際の宗教家の反応を知りたいですね。

 まず、映画が始まってタイトルが出るまでの表現にゾクッとします。「虫の声」なんですよ。一説には虫の「声」と認識できるのは日本人とインドネシア人だけで、それ以外の民族には単なるノイズなんだとか。つまり欧米人は、スコセッシ監督はおそらく「SILENCE」を表現しているのだろうと思うはず。でも、違う。

 正月にNHKでこの作品に関するドキュメンタリーをやってて(NHKが事実上の映画の宣伝やるのどうなんと思ったけど)、そこで述べられていたのは、原作小説が欧米で驚きをもって迎えられたのは、「棄教/Apostasy」という訳語が使われたからだそうです。
 でもそれに対する日本語は実は「転ぶ」だった。日本語の「転ぶ」には「起き上がれる」「一時的に主張を変える」というニュアンスがある。でも「Apostasy」には「二度と戻れない」ニュアンスがある。その違いを、スコセッシ監督はきちんと織り込んで作品を作っています。

 溝口健二等日本映画のオマージュもあり、映像も美しいです。「創造主」が「八百万」を超えられないと語るフェレイラが「大日」を説明するとき一瞬映る太陽が、本当に焼きついて離れない。

 よくいわれるような、「キリスト教弾圧の苦難の歴史」だけを語る物語にはなっておらず、自然とともに生きてきた日本の宗教観、ひいてはキリスト教だけを見ていると伝わらない宗教観の多様性、統治の方便としての宗教の役割など、「宗教」と「信仰」が含むすべてを、丁寧に咀嚼して美しく撮り上げた、まさしく入魂の一作。



 ちょっとだけ気になるのは、キリシタンはむろん、奉行から番人のレベルまで英語を使いこなしてたり、「キリシタン/Christian」「パライソ/Paradise」が会話に普通に混ざったりする、「ポルトガル人と日本人の関係」を英語に置き換えるにあたっての言語周りが、滑稽に見えないか……という点。少なくとも僕は不自然に思いました。

 あと、多くの人が言ってるけど、日本国内で撮れず台湾での撮影となったのはとても恥ずかしいと思うべきですね。



タクシードライバー (字幕版) -
タクシードライバー (字幕版)
posted by アッシュ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする