2017年02月27日

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち -第一章 嚆矢- &コラム

[65点]@新宿ピカデリー

 2199 に続いての新シリーズ開幕。
 一説にはスタッフが「復活編」寄りになったと言われ不安視されていましたが、まっとうな2199の続編でした。まずは一安心。
 ただ、オリジナルと2199との設定差を埋める注力が大きいようで、結果、今回の公開ではヤマトが発進すらしないのは寂しい。「できあがったとこまで出しました」感は否めず、今んとこは様子見ですね。
 なお、地球から離れたら見せにくくなるだろうから今のうちとはいえ、古代と森雪のイチャイチャが、髪色も近いしSAOのキリトとアスナにしか見えませんでした。爆発しろ。


短い感想になったのでもう少しゴニョゴニョ。



 超・邪推であることを承知の上で……。
 アカデミー賞のハプニングって、わざとやったんだろうなぁ……。
 今のハリウッドはたぶん、「白人同士が恋愛する古きよきタイプのミュージカル」に賞をあげたいと思ってないんだよ……。それこそが偏見なのにね……。



 オザケンが星野源をシメにきたのと同じように宮崎駿が新海誠をシメに来た、とか言われてるけど、新海誠をシメるには「耳をすませば」「コクリコ坂から」の路線を探らにゃならんわけで、それどっちも自分でやってねぇじゃん、ていう。



 森友なんちゃらの話は、そりゃ問題はあるんだろうけど、「それをなぜ国会で問題にするのか」感が日に日に高まっていって、バッカじゃねーのという感慨しか沸かない。「国会議員の仕事は総理大臣を引き摺り下ろすこと」としか考えてないやつらに、国会にいて欲しくない。
 安倍総理を下ろすのにスキャンダルなんかいらない。現代の基準でまじめに経済問題を論じて、軽視されている分野の自民党議員を味方に引き入れれば、すぐに辞任に追い込める。野党議員の勉強が足りてないだけなんだ。いつになったらわかる?



 宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX (特装限定版) -
宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX (特装限定版)
posted by アッシュ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする