2017年03月10日

短評(汚れたミルク/人類遺産/アニメーションの神様)


 「塔の上のラプンツェル」がこの時期に金曜ロードショーか……。
 震災と公開が重なってしまった不遇のタイトルだけに、ちょっと感慨深いな。


汚れたミルク あるセールスマンの告発
[70点]
@シネマカリテ
 よくできた「フィクション」である。と、述べておきます。自分が売り込んできだ商品が、実は有害であると知ったセールスマンが、怒りに燃えて逆にメーカーを告発する、社会正義の「フィクション」です。
 「社会派フィクション」に過ぎないにも関わらず、2014年に完成していたフィルムが、このたびのシネマカリテの上映をもって「世界初公開」なのだそうです。フィクションなのにやけに複雑な構成、やけに生々しい映像、そもそもなぜこれはフィクションなのか?
 面白いか面白くないか以前に「多くの人が見るべき」を望まれている作品と思うので、ともあれ自分からは、「めっちゃ面白いフィクションだから見てみ!」と言うに留めます。見てみて!

 でも正直、百パー共感はしないほうが……問題は「水道の質」「欧米信仰」がより大きい点は間違えたくないところ。



人類遺産
[65点]
@シアター・イメージフォーラム
 傑作「いのちのたべかた」のニコラス・ゲイハルター監督の新作。今回は世界中の廃墟を、ガチガチの固定カメラでひたすら撮っていきます。音楽も説明も一切なし、映像だけです。人っ子ひとりなく、時間が止まっているように見えて、画面のどこかで、雨なり風なり鳩なり蛙なり、何らかの自然が動いている、という趣向。

 タイトルの後に映し出されるのがいきなり「浪江町」で、日本人としてビビることうけあい。しかしその後、娯楽施設・医療施設・宗教施設……と、テーマのある章立てで廃墟の映像が連なる中、中盤で「戦車や戦艦の残骸」を次々映した後に来るのが「軍艦島」というのは……、日本人として醒めちゃったのがホンネ。そこからの映像に明確に退廃感が増し、「滅亡」のイメージになるので、外国人はアレ、空襲かなんかで吹っ飛んだと思うに違いないわけで。だとすれば「浪江町」も単に、「いちばん生活臭が残ってる絵面」だから最初に選ばれたんですね。
 この「ストーリー」には正直首をひねる、というか、砂漠を見て虚無や退廃を感じるより、「砂がいっぱいあるねー!byサーバルちゃん」と言える世界のほうが、たぶん今は求められていると思うのです。

 映像の切り取り方は見事なので、廃墟に限らずそうした印象派絵画的な映像に興味がある向きはどうぞ。単調には違いなく、カフェイン摂取しとくのが吉。



アニメーションの神様、その美しき世界
[80点]
@シアター・イメージフォーラム
 名匠ノルシュティンのアニメーションがデジタルリマスターされ、昨年末から特集公開中。少し余裕ができたので見に行きました。
 ほとんど見たことあるので書くこともないかと思ってたら、たぶん初見の「ケルジェネツの戦い」がすさまじかったです。古いフレスコ画を模写か写真に撮って、切り絵にしてのアニメーション。ガチで生きてる集団戦で斬り合ってる。恐ろしい迫力。平和になった後の麦打ちのシーンとかも、きちんと物理的な挙動を理解しての作り込み。
 50年近く前の作品(1971)ですがレベルが違いすぎる。「アリス・イン・ドリームランド」の作者がこれを見たら、羞恥と絶望で首をくくると思います。

 すぐ混同するので備忘。絵として一番有名な「ハリネズミのユジク」が主人公なのは「霧の中のハリネズミ」。タイトルが有名な「話の話」の主人公はつぶらな瞳の灰色オオカミの子供。



いのちの食べかた [DVD] -
いのちの食べかた [DVD]
posted by アッシュ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする