2017年06月16日

怪物はささやく

[65点]@TOHOシネマズ川崎

 アメリカ・スペイン合作、スタッフの多くはスペイン人でイギリス文学ベストセラーの映画化、というよくわからない組み合わせ。
 リーアム・ニーソンがモーションキャプチャーでモンスター役を演じています。また、シガニー・ウィーバーがどこにでもいそうな「おばあちゃん」演じてるの、初めて見ました。時間は残酷よな……。

 内容的には、母の難病+少年の成長というプロットにおいては標準的、むしろ単純といってもよい何かだと思います。ラストシーンが中盤で読めます。標準が悪いわけではないですが、もっと面白く盛り上げる作品、いくらもありましょう。
 また、冒頭の展開がもろにコレで、主人公をケアしないのが「前提」になっている、学校の描写は正直不快。主人公が「罰を欲していた」のはわかるけど、なぜ「彼だけは殴っていい」ことになったのか?


 しかし映像の作り込みが素人目にも面白く、画面と演技だけで状況を丁寧に「読ませて」いくうまさがあって、飽きはきません。踏切の使い方とか、時計の曲面ガラスへの映り込みとか、記憶に残る印象的な映画と思います。
 とりわけ、二回差し挟まれるアニメーションパートがとても上質で美しい。あの絵だけで一本長編が見てみたいです。



96時間 (字幕版) -
96時間 (字幕版)
posted by アッシュ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする