2017年08月31日

短評(ワンダーウーマン/エル/ベイビードライバー)


ワンダーウーマン
[65点]
@ヒューマントラストシネマ渋谷
 戦うヒロインの超元祖。演じるガル・ガドットのエロカッコよさが最高です。戦う姿もいいけどロンドンでの秘書モードもいい。彼女を見るだけで見る価値あり。

 ……とはいえ、それだけのために2時間半はただただ長い。ビタイチ存在理由のない「仲間」を削るだけで2時間以内に収まるでしょうに。DCの作品は、どうしていつもこんな無駄に長いの?
 また、ストーリーも率直に言ってあんまり入り込めず。物語を「女性の自立」に振りたいのか「闘争の本質」に振りたいのか、ピントがボケていた印象。これこそ、最後に「女性参政権の獲得」で〆ればぐっと盛り上がった気がするんだけども。
 そういう主張は意識せずに、純粋にヒロインの活躍を楽しめれば……と思えど、そうすると、ぶっ飛ばされる敵が「ドイツ軍の一般兵」というのは、要は「連合軍側の理屈が正義」で行動するわけなので、見ててあんまり気持ち良くないです(時代背景説明セリフがいっさい出てこなかったのは、敵をナチスと誤認させるためって気がするんだよねぇ)。もちろん、その違和感はきちんと拾うストーリーなのですが……。


エル
[60点]
@TOHOシネマズ川崎
 ポール・バーホーヴェン監督というと「スターシップ・トゥルーパーズ」を真っ先に思い出します。娯楽畑の人と思っていたんですが、すっかり老成したんだなぁ……と思わされる、文芸的作品。
 というか、(いきなりレイプシーンから始まるものの)文芸作品としても起伏に欠け、淡々と事実を並べていく構成の映画とはつゆも思っていませんでした。その意味でチョイ辛い作品ではあります。

 殺人犯の娘という出自を持ちながら、ゲーム会社の社長になるほどに人生を築いた女性の、人間関係が集まって離れて、様々なくびきから解放されていく物語。
 主人公は、仕事も友人関係も家族関係も近所づきあいもきちんとこなしつつ、その端々でどこか「壊れて」います。そんなキャラクター性だけで作品一本持たせるって並大抵のことではありません。……ていうか、おそらくは、バーホーヴェン監督の自己投影であり、「壊れ」ながらも作品を作り続けてきたんだろうなぁ……と推察。


ベイビー・ドライバー
[55点]
@新宿バルト9
 エドガー・ライト監督の新作、なのですが……。うーん……。
 「ドライブ」が思い出されます。主人公は天才的なドライバー。ツカミのカーチェイスはもう、「これ以上凄い映画ないんじゃないか」と思えるほどのデキなのに……それ以降、主人公のドライビングテクニックが十全に発揮されるシーンは二度と出てきません。信じらんねぇだろ?
 主人公の設定上、ほぼ常に音楽が流れている作品なので、「音楽映画」と思って見る方が、たぶん損はしません。80年代?の洋楽が好きな方はどうぞ。しかし個人的には、ノリのいいところと悪いところの落差が激しすぎ、ノリがいい部分のザクザク画面が切り替わる快感が強すぎて、ノリの悪い部分は、たぶん作り手の想定以上に退屈でセリフが冗長に感じられ、「不快」の域まで達します。
 でもって、「殺し」には顔をしかめるのに、その幇助と盗み傷害は平気な主人公とヒロインを、「きれいなもの」と描く倫理観の乖離(罪の自覚はあると描かれはするが)にも、僕は結局なじめなかったです。



バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット ・エディション ブルーレイセット(期間限定/2枚組) [Blu-ray] -
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット ・エディション ブルーレイセット(期間限定/2枚組) [Blu-ray]
posted by アッシュ at 16:21| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

短評(打ち上げ花火/キミコエ)


 短評と言うほど短くないけど、並べたい2作品なので。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
[60点]
@TOHOシネマズ新宿
 決して面白くないわけでも出来が悪いわけでもないんだけど、違和感が残る作品。何が問題か? ひとことでこう説明できます。「ターゲットが定まってない」

 去年「君の名は。」を大ヒットさせた川村元気Pが、今年も夏休みの終盤に放つ、見た目ジュブナイルSFアニメ。中高生向けと思うでしょ?
 しかし、かの作品ほどスピード感はなく、カタルシス少な目で考えオチのストーリー、そして中学生設定なのに無駄にセクシャルで生々しい描写。広瀬すずに「風俗働きも辞さないビッチ」を自称させ、松田聖子を歌わせる……脚本の大根仁と、何より制作したシャフトが、おっさん向け妄想を全力で具現化してる感アリアリでしてな。

 じゃあおっさんオタなら入りこめるかというと。
 考えオチと書きましたが、「球が破壊される=二度とループは発生しない」状況で、ふたり共通してレインボーブリッジにいる未来を見てるんだから、これ、ふつうに「駆け落ち成立エンド」の解釈でいいと思うのですよ。
 しかし、「よりよい選択」をしたつもりでその終幕に向かう主人公たちを、あまり応援する気になれません。絶対うまくいくわけない。「駆け落ち成立」したらハッピーエンドだ! と考えるおっさんは少なく、むしろ「ハァ? 無理ありすぎ」な即時却下エンディングではないでしょうか。
 誰かがそれを指摘して、「明示するとヤバい」という結論に至って、あぁなったんじゃないかと推察します。
 一方で、まだ自己の世界が狭い中高生ならば、「駆け落ち成立エンド」は一定のハッピーエンドたりうるでしょう。しかし曖昧にして明示しなかったので、彼らの物語リテラシーでは、「何コレ意味わからん」になってしまう。
 おっさんにも若者にも「理解不能」と判断される、どっちつかずで不満の残る結果に至ったようにみえます。

 この作品で一番印象に残るシーンは何と言っても、「親に引っ越しを強制されて連れ戻されるときの、広瀬すずのガチ悲鳴の不快極まりなさ」でしょう。彼女の熱演に罪はないのですが、「ラストどうまとめるか」にすべてがかかるタイプのストーリーを曖昧に終わらせてしまい、この不快を上回る「快」を提示できなかった以上、娯楽作品としては失格といわざるをえません。
 「初動から見ておそらく興行収入は15億くらい、本来オリジナルアニメはこれくらいが妥当」とか言ってる人がいましたが、本作は「『君の名は。』の翌年の東宝夏休みアニメ」という、二度と来ない巨大ゲタをはかせてもらってそれなんだから、本来は10億も行かないデキ、と認識すべき。

 ここまで書いてきて今さら気づいたんだけど、実写アニメ・若者年寄り関係なく、そもそも「原作岩井俊二/脚本大根仁」って時点で水と油過ぎたんでは……大根仁、「家出してきた中学生カップルが、歳をごまかしつつ安アパートに暮らし風俗で働く、でもコメディタッチ」な続編脚本を今頃ウキウキしながら書いてるんじゃないかしらん……。


きみの声をとどけたい
[70点]
@TOHOシネマズ新宿
 で、「打ち上げ花火」の陰で、ジュブナイルアニメがもう一本、ひっそりと公開が始まっています。「誰に向けたものかわからん」という意味ではこちらも似たり寄ったりなんですが、ラストが「快」である以上、僕は断然こちらを推します。

 女子高生6人がひょんなことから、休止していたミニFM局を再開させるひと夏の青春ストーリー、てな筋書きで、これこそ中高生向け。「文部省推薦」みたいな肩書きがついててもおかしくないくらいなのですが。
 実はこれ、キミコエプロジェクトという声優発掘企画の総仕上げとして作られたアニメ、なものですから、見にくるのは大半声優オタのおっさんでして、ポッピンQ」並みに観客の男性率と年齢層が高かったです。

 で、おそらくは1クールのアニメ(あるいは実写ドラマ?)企画の流用と推察され、2時間に納めるにはちょっと尺が足りません。
 イベントの発生やサブキャラの登場が唐突過ぎるとか、途中ナレーションでシーンをむりくりぶっ飛ばすとか、サブプロットが終わったセリフ直後にいきなりメインプロットの急展開が始まるとか、「まとまり・完成度」という意味では、率直に言って「打ち上げ花火」よりはるかに劣ります。もっとゆったりした展開で見たかったなぁ。

 しかしながら、主人公たちのキャラの置き方や知識レベルが適切で、イヤミな感じや不自然さがなく、とても感情移入度の高い物語空間が構築されています。
 また、開幕10分程度でラストに何が起きるかわかっちゃうんですが、中途に挫折やトラブルをきちんと配したうえでその終着点に向けてバリバリ邁進していき、完璧にそのクライマックスをこなし、きっちり感動にまとめきっている以上、鑑賞後の気分は「快」のひとこと。
 あの展開なら「住民(=元リスナー)全員のユニゾン」をクライマックスのトリガーにするのがベストだった気はしますが、まぁ、声優プロジェクトだからね。そこが妥協にみえたとしても納得感のある、良い歌声でした。

 知名度低すぎて、公開がすぐ終わっちゃうと思うんで、「打ち上げ花火」が不満だった人は早めにこれで口直しをしましょう。



君の名は。 -
君の名は。
posted by アッシュ at 15:46| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

短評(ホームカミング/ファウンダー/スターシップ9/右目と左目で見る夢/裁き)


スパイダーマン ホームカミング
[80点]
@TOHOシネマズ渋谷
 言わずと知れたスパイダーマン。ソニーとマーベルが提携して、無事アベンジャーズ加入が成った、「シビル・ウォー」の直後から始まる再リブート。
 面白かったです。変な言い方だけど、今年の「君の名は。」たりうる作品。なんとなれば、めちゃくちゃテンポがいい。派手なシーンも地味なシーンも、細かいネタを入れつつ次へ次へまた次へと進めて、ちょっとやそっとのアラはさっさと押し流すと同時に、「先を知りたい」という渇きを的確に鎮めてくれます。若者層はこの速度でないとついてこないって、すごくわかってる作り。そのスピードの中に落とし込むあの「衝撃の真実」。それを超えた先の、苦みを含んだ少年の成長……。
 これでアメリカの学生のパーティー文化、なんてのがメインプロットでなければ、日本でももっとぐわーっと盛り上がるんだろうけどなぁ。

 ところで主演のトム・ホランドの Wiki 見てたら、映画初出演が「借りぐらしのアリエッティ」英語版の吹き替えだったってマジですか。


ファウンダー
[65点]
@角川シネマ新宿
 ホームカミングで悪役を演じたマイケル・キートン主演で、田舎のハンバーガー屋だったマクドナルドを世界最大のフランチャイズチェーンに築き上げた、レイ・クロックの一代記。……ていうか、彼が時代の変革をもたらす陰で貫いたえげつないまでの上昇志向を、余すところなく描いた作品。日本人的には後味悪いけど、アメさん的にはマクドナルド兄弟の方が固陋で愚かな敗者として、バランス取れて見えるんだろうなー。


スターシップ9
[65点]
@ヒューマントラストシネマ渋谷
 スペイン・コロンビア合作のSF。移民のため旅立った宇宙船にトラブルで一人取り残された女性のもとへ、修復のため一人のエンジニアが現れる。規模的にもネタ的にも「月に囚われた男」を彷彿とさせる、宇宙の閉鎖空間を舞台にした小品、と思いきや……。
 凝った設定にも関わらず、説明セリフが要所要所にとどまり、雰囲気で理解させようとしている印象があり、個人的には物足りない印象があります。ただその「雰囲気」は絶妙で、少なくとも日本人には、こういう「暗さ」をまともに演出できる映画監督はいないよね。気鋭のスペイン人監督、とのことですが、これは一度大作を見てみたい感。


山村浩二アニメーション 右目と左目で見る夢
[55点]
@ユーロスペース
 久々の山村浩二短編集。今回は、「依頼を受けて」とか「共同制作で」という作品が大半で、山村作品の一番の魅力だと思う暴力的とも見えるイマジネーションは薄かった印象。縦長のビル向けのプロジェクションマッピング用映像を映画館で上映、ってのは斬新なのか苦渋の策なのか?


裁き
[70点]
@ユーロスペース
 インド発の法廷映画。といってもクライム・サスペンスではなく、またボリウッドスタイルも排して、ガチガチの固定カメラで、ある裁判の顛末とそれに携わる人々の日常を切り取っていく作品。インド映画も新たなステージのものが日本に入ってくるようになってきたようです。
 解説によるとカーストの問題もあるようですが、要は、民衆を歌でアジる扇動家をなんとか牢に入れたい検察側が、「おまえの歌の歌詞を真に受けて自殺した奴がいる、自殺幇助だ」と日本人的には無茶にも程がある難癖で逮捕、その無法と争う弁護士の物語。

 左翼さんたちはこの作品を、いわゆる共謀罪と絡めて権力の横暴うんぬんと喧伝するでしょうが、それ以前に日本は、国会を人民裁判所扱いしても誰も疑問視しない恐ろしい国で、まず先に「司法に対する信頼」を構築しないことには、この手の横暴は正されません。この作品の、判事も検察も人間であることをきちんと描写する誠実さこそ、見習いたいものです。



シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版) -
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)
posted by アッシュ at 16:49| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ブレンダンとケルズの秘密

[80点]@恵比寿ガーデンシネマ

 「ソング・オブ・ザ・シー」のヒットを受けて、トム・ムーア監督の長編デビュー作が日本公開。中世アイルランドを舞台にしたファンタジー。

 見ての感想。

 ヤバい。「スゴい」を通り越して「ヤバい」。

 僕がこれまで見てきたアニメ映画の中で、最も絵画的で美しいアートアニメーションのひとつ。ユーリ・ノルシュティンやミッシェル・オスロ監督に比肩します。これを欧米公開当時に輸入できなかった日本の業界人の見識を疑います。
 「ソング・オブ・ザ・シー」も美しかったですが、ここまでの感慨はなかったですね。ただそれは、かの作品では兄妹の行く末に思わず手を握っちゃってそっちに意識が囚われていたせいでもあり、本作はストーリーにはそこまで引き込まれません。

 というか、「子供向け」にしようとしてか、ややチグハグな印象を受けます。
 キャッチコピーに反して、別に世界を救うとか救わないとかなくてヒロイックなカタルシスには欠け、その意味ではバッドエンドとしか言いようがない展開はどうなの……。
 一方で、あんなに恐ろしく描かれるバイキングたちが、最終的におじさんを生かし塔も破壊もしないあたり、ずいぶん優しい侵略だなぁと……。
 「ペンは剣よりも強し」的な意味合いもあるんだろうけど、あの人たちがやってるの、その意味での「ペン」ではないよね? 文化を守ろうとする行動は、おじさんの方が確実に正しいよね?


 なので本作は、ひたすら見惚れる作品となっております。ファンタジーに興味のある方は必見でありましょう。
 物語のモチーフとなっているアイルランドの国宝「ケルズの書」を範にした、徹底した細部までの描きこみ。そしてそれがアニメーションする脅威。
 ブレンダンとアシュリンが樫の実を探して森をゆくシークエンスが絶品です。うまく説明する語彙がなくて困るくらい「美しい」のひとことです。虫がいっせいに飛び立つシーンは鳥肌立つかと思いました。あと、クロム・クルワハの眼を奪う戦闘シーンも素晴らしかった。「ヴォルフィード」思い出した(笑。

 ともあれ「ソング・オブ・ザ・シー」と併せ、もう一度見てみたい、そして世界に溶け込みたいと思う作品です。


 あと思ったこと。
○仲間の修道士に明らかに黒人がいるのは、最低なポリコレ配慮かと思ったら、当時のアイルランドはキリスト教圏すべての地域から留学僧が集まってたそうで、本当にいたかもしれないらしい。

○「オオカミの妖精」がおめめくりくりなロリっ子という発想は、何から着想を得てそうしようと思ったのか、おじさん怒らないから言ってみ(笑?



ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [Blu-ray] -
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [Blu-ray]
posted by アッシュ at 16:17| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

心が叫びたがってるんだ。(2017実写版)

[75点]@TOHOシネマズ新宿

 わりと早めに見ていたのですが、地上波放送されたアニメ版も再見しての感想。アニメ版の頃から実写で作るべき題材だと思っていましたが、当たりでした。
 アニメの方を高く評価しがちな当ブログですが、本作に限っては「実写>アニメ」。とはいえ、どちらも良いです。


○実写版の何がいいって、脚本の徹底したブラッシュアップ。アニメ版の感想で「『気持ちを言葉にすること』に徹底して突っ込んだ」と書き、とかく「言葉」の量がハンパなかったわけですが、実写版はその点でウザいところがありません。
 しかしちゃんと同じ内容になってる、それどころか、アニメ版でごちゃついたり勿体をつけた部分を、丁寧に解きほぐしてわかりやすくしており、理解がスムーズです。卵の妖精をオミットしたのはナイス判断。

 ただ、アニメ版の饒舌さこそがこの物語の本質、とも考えられ、そこを捨てて平板な青春群像劇にしてしまった、という見方もありそう。もともと起伏の浅いストーリーだけに、アニメ版を知らない人にはやや単調だったのでは? という印象もあるのですが、初見の方はどうだったのでしょう(てか、初見の方はあの「キャッチコピーでネタバレ」をどう思ったのか……全面的に「アニメ版見てるの前提」で作ってたのかもな……)
 また、タイトルの前後の時間経過に何の説明もないのはちょっとボーンヘッド過ぎて、序盤はどうなるかと思いましたぜ。

○アニメ版ではわちゃわちゃオーバーなボディランゲージをさせた部分を、芳根京子の演技力に全振りした点はやはり実写の良さ。
 →だからエンドロールの最初がなんで「中島健人」やねん、ちゅうの。
 →演技全振りなのに、なぜか容姿をアニメに寄せようとしすぎて髪型が変。あれじゃまるで太ってるのをごまかすAV女優じゃん?

○最近の実写では、主役級はキャラが立っててもサブキャラやモブが壊滅的で素人演技丸出し、というのがありがちですが、本作はそれがありません。野球部の山路くんの存在感がすごい。というか、野球部サブプロット全体に存在感が増してる。

○クライマックスのミュージカルシーン、アニメ版では過程にも内容にも、高校生にできるの? 的な不自然さがありますが、実写版にはあまりありません。むしろ、「田崎もっと真面目に踊れ!」みたいな生身ならではのリアリティがあって、親近感高いです。


 一長一短というか、アニメはアニメらしさ、実写は実写らしさを意識しているようで、どちらも良いので、比較して見るのオススメです。


 ……ところで、水瀬いのりはどこに出てたんでしょうか。



心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray] -
心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]
posted by アッシュ at 12:43| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする