2006年01月23日

THE有頂天ホテル

[80点]
 いやはやもう……ストーリー派の人間としては、このシナリオが「完成している」というだけで脱帽です。
 できないよ普通。十数人に及ぶメインキャラクター、それも全員他の映画では主役級ばかりそろえて、全員動かして2時間で全員に見せ場作ってまとめる、というのは、それだけで気の遠くなるような作業ですよ。
 ちなみに、全キャラ中私のいちばんのお気に入りは、並み居るベテランを押しのけて、堀内敬子です。初めて見たんですが、実にキャラが自然ですねぇ。

 ……ふと思ったんだけど、登場人物の中で古畑任三郎に逮捕された経験者は何人いるんだ(笑?

 ただ、総じて見ると、確かに「80点の」映画。
 詰めが甘い。「それぞれの人物関係の絡みを整理できた時点で満足して、そのまま撮影を始めちゃった」って感じです。もっと面白くなる要素が多分に残っています。このシナリオのスゴさを受け止められない人には物足りなく映るでしょうね。映画生活の評価が高くないのはそのせいか(しかし、「ガラスの使徒」と同様これも「舞台でできない題材を映画で」なんだから、「舞台みたいだ」と批判するのはおかしいでしょう……)。
 以下ネタバレで、どうすればもっと面白くできたか考えてみたんで、列挙。


・「やりたいことをやればいい」とかの余計なメッセージは、対香取慎吾以外は不要。演じることにかけてはプロが揃ってんだから、全体的にセリフはもっと少なくてよかったはず。

・役所広司が、途中で完全に「職務放棄」になった部分があった。これはいただけない。この映画でいちばん安心できるよりどころは、彼が職務に忠実である以上どんなにどたばたやってもホテルは何とか運営できますよ、という状況ではなかったか。彼が笑いを取る部分は、「職務に忠実、でもミエもはりたい、のどっちもこなそうとして右往左往」に絞るべきだった(ただそのおかげで、戸田恵子がめっちゃ魅力的になってはいる)。

・松たか子と佐藤浩市はもう少し初期時点の絡みを増やすべきだったのでは。

・角野卓造はキレ過ぎ。演技としてはそれでいいんだけど……役所広司をフッた原田美枝子が後添えにこんなバカを選んだのかと思うと、ちょっとね。

・つーか、オレなら佐藤浩市と角野卓造は逆に配置する。角野卓造の方が、「カッコつけで自殺を選択する」「女のひとこと二言でふらふら態度を変える」政治家に向いている。んで、初期時点で「マン・オブ・ザ・イヤー」というカッコいい立場かつ原田美枝子が選んだ男性として登場するのが佐藤浩市。佐藤浩市が「愛人を角野卓造に奪われる」というだけで笑えるじゃん。ふんであの二枚目がだんだん崩れていくほうが面白い。佐藤浩市が演じてくれれば、だが。

・そこらへんの、「予想外の配役」というのがもう少しメインキャストに欲しかったような気はする。ってか自分、アレが唐沢寿明とは最後までわからんかったけど。

・麻生久美子の意義が良くわかんなかったんだよね。なんで盗みをしたの? 彼女は、余ったキャラをツギハギした感が否めません。

・また、この松たか子&麻生久美子−津川雅彦&近藤芳正のイベントだけ、全体の流れからハミ出してる感が強い。津川雅彦は、社長という立場を生かせば、セリフ一言二言でもビシっと話に加われたはず。たとえば、伊東四朗だけが知ってるけど実はホテルの経営が火の車で、目を覆った津川雅彦と白塗りの伊東四朗とで出資するしないの話をマジメに繰り広げるとかさ。

・その伊東四朗はギリギリ最後まで白塗りでいて、カウントダウン直前にようやく誰かから洗顔クリーム渡されて、「あ〜スッキリ」とかいってカウントダウンに臨む、でないとダメでしょう!
posted by アッシュ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『THE有頂天ホテル』を観て来ました!
Excerpt:   『THE有頂天ホテル』観賞レビュー 2006年1月14日(土)より 全国東宝洋画系ロードショー 配給:東宝 2005年/日本 上映時間 136min (2..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-01-24 01:33

『THE 有頂天ホテル』 (2005/日)
Excerpt: 今年最初の映画鑑賞でしたが、いいもん観たなぁ。もう爆笑しっぱなし。 実は本作が、三谷幸喜作品の初体験でした。
Weblog: yazlog.
Tracked: 2006-01-29 04:14

[映画]THE 有頂天ホテル “怒りのツボ”にはまった
Excerpt:  東洋の陰陽五行説の五行循環(相生関係)だとか、「情けは人のためならず」という諺をコミカルに映画化したような話。  色々な人々が網の目のようにつながり合って助け合って幸せになっていくという、温かな気..
Weblog: OLDIES 三丁目のブログ
Tracked: 2016-02-27 14:31