2012年08月19日

短評(ダークナイトライジング・トータルリコール他)

長い文章書く暇がないよ……

ダークナイト・ライジング
[45点]
@109シネマズ川崎
 やっぱこのシリーズ自分には向かないみたい。
 バカをマジメにやる作品は大好きで、アメコミものはたいがいそうだと思っていますが、このノーラン監督のバットマンに関していえば、マジメをバカにやっているんですよね。
 前作は、そのやり方を「悪役のスタイル」にできたので、全編うまく回ったのでしょうが。
 どうして「クール」の中に、バカバカしい描写をこんだけ詰め込めるのかとあきれる中で、最たるものはラスト。
 いやさ、毎度のことですよ、アメリカ人の核の認識なんて。でも真剣にやってるつもりの作品で見るのは最低な気分。


トータル・リコール
[65点]
@109シネマズ川崎
 で、こちらがバカをマジメにやってる正統派ハリウッド映画。
 感想がひとことで言い表せるたいへんわかりやすい内容。

 ……嫁怖ェ!



マダガスカル3
[80点]
@TOHOシネマズ川崎
 1と2未見ですがなんかえらく評判がいいので見たらば、序盤30分くらいのジェットコースター展開が、完全にブレーキ壊れてました。
 脳みそから何かどばどば出る感じでスゲーことになってたんで、その後に続く「息をつかせぬ展開を要所で組み込みつつ、きっちり丁寧にほろりとするいい話を作り、こだわりのグラフィックでクライマックスを描き、ムチャぶりも含めて伏線をきれいに回収して終わる」というほぼ完璧な内容が、全部中だるみにみえました。こんなの初めて。
 あの未来的なサーカスに「マクロスフロンティア」の既視感があってイマイチ乗れなかったのもあるけど、どうしたらいいんだコレ。


マクダルのカンフーようちえん
[55点]
@チネチッタ
 前作が、もう内容はまったく覚えてないけど、精神論に走っちゃって眠かったのは覚えてる。本作は、それに比べればまともな映画になってました。
 でも、「時は悠久、数十年数百年のスパンが経ってやっとわかることもあるよね」というテーマを、幼稚園児主人公のアニメでやってどうする。やっぱり大人向けの内容。それとも「さすが中国」と理解すべきでしょうか。
 師匠対ブルース・リーはなかなか味があって見もの。川を挟んでカンフー対戦というアイディアは、元ネタどこかにあったっけ?
 あと、今回の笑いどころは、ちょこちょこ挟まれる「祖先の発明」ネタ。世界初の ATM と世界初のスーパーマーケットは中国人が作ったんだぜ!


ラ・ワン
[75点]
@東京都写真美術館ホール
 「ロボット」の主演を蹴ったことを後悔したボリウッドのスターが、自前で作ったコピーキャット。コピーキャットだったら、「便乗できるんだから安上がりに」と考えるのが普通なところ、プライド賭けて、もっとカネを注ぎ込め! と命じたのが明らかな、本気も本気超本気のデキ。
 どれくらい本気かというと、ゲストにラジニカーント本人を連れてくるくらい本気。インドの映画に対するパワーはホントハンパなくって面白いです。……面白いけど、テーマ性は「ロボット」の勝ちかな。


コードギアス 亡国のアキト -第一章 翼竜は舞い降りた-
[70点]
@新宿バルト9
 監督が赤根和樹でヒロインが坂本真綾。この組み合わせはつまりエスカフローネってことで、謀略戦の中にしれっと学園ラブコメを押し込んだテレビ版と比べると、すごく王道。
 想像を絶するカメラワークで動きまくり、きっちり世界に引きずり込むつかみのバトルが、ストーリー上もちゃんと、なくてはならないプロローグとして機能してる、ていうのが好印象でしたが、……全四章でまとまるのか、コレ?
posted by アッシュ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『ダークナイト ライジング』お薦め映画
Excerpt: ブルースの幸せを願う執事アルフレッドとの絡みは秀逸で味わいのある余韻を残す。このシリーズが、バットマンという正義のヒーローのアクションドラマではあるが、同時にブルースという孤独な青年のヒューマンドラマ..
Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Tracked: 2012-08-26 03:11