2007年03月08日

秒速五センチメートル

[採点不能]@シネマライズ

 まさか……あ……う……が……お……

 ぐはああぁぁっ!
 
 エンドロールが流れ始めた瞬間、絶叫だけが頭の中かけめぐってました。

 わかってはいたんだ。新海誠はこーゆーことをする人なんだ。決して想像できない範囲じゃないんだ。
 後から思い返してみれば、アレもアレも仕込みだったんだ。ちゃんとストーリーはスジ通してできているんだよ。


 でも、見てる間は一片だって想像しませんでした。一心不乱に見入ってました。
 新海流超ベタ甘セーシュンワールドが、「ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」からはるかにブラッシュアップされて、ほぼ完璧な形で見られることに感動していました。
 線画に粗さがなくなったアニメーション、定評があるところをさらなる美しさで魅了してくる、空、雲、風の美術はもちろんのこと、「雲の向こう、約束の場所」で露骨だった、おそらくは独りで作っていたことの弊害であるストーリー構成の甘ささえ、ショートフィルムの連続というスタイルで解消されています。
 モノローグに若干しつこさはあるものの、「黙るときはきちんと黙る」技術があるので問題はありません。映画作品として一片の瑕疵もなく、とにかく、「世界観」にひたりたければ、何はなくとも必見の作品。超傑作。


 だから君、ともかくこの「ぐはぁ」を察してくれ。見ればわかる。なぜ「ぐはぁ」と感じたのか。
 「ぐはぁ」と感じるのは、それだけ僕がこの作品世界に取り込まれたってことなんだし、はじめからこの作品は、そこで「ぐはぁ」と思うような観客を100%「ぐはぁ」と思わせるようにできている。手の上で踊らされたのだ。その意味で一分の減点の余地もないすさまじさなのだ。
 しかし、しかしだよ。
 自分の心に正直になるなら、何点マイナスにしたって足りないんだ。ぐはあああぁぁっ!
posted by アッシュ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35512812

この記事へのトラックバック