2013年05月14日

聖☆おにいさん

[60点]@TOHOシネマズ川崎

 ……んー、まぁ、この作品を映像化するなら、こんなもんかなぁ。
 原作序盤の理解しやすい宗教ジョークに、ご近所風景、日本の四季の風景を取り混ぜて、地味で起伏が少ない環境音楽的な映画に仕上がっています。
 (なお、「宗教ネタ全カット」はデマです。ただし、イエスとブッダ以外の宗教関係キャラは、実質的に登場しないので、物足りない人もいるとは思う)。

 その「こんなもんかな」のラインを超えられなかった、という意味で、良くも悪くも期待通り。この程度だったら映画にせずとも、ノイタミナ枠でやった方がウケたに違いないです。映画でしかできないネタをぶっ込んでくれるに違いない! と思っていた人が多数だと思うから。

 宗教ネタを扱うことの難しさより、「日常系ギャグマンガの映像化」が難しかった、という部分も大きそうです。ギャグのたたみ込みが足りない。テンポが悪い。いまどきマトリックスネタのどこが笑えると思っているのか。

 それにしても彼らは、一大商圏たる立川駅前を通過しなければたどりつかないような商店街に、なぜ毎度わざわざ出向くのでしょうか。こういう不自然な「聖地」作りは、かえって嫌われると思うんですがね。
posted by アッシュ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック