2014年05月07日

スチューデント・オブ・ザ・イヤー -狙え! No.1-

[75点]@シネマライズ

 インドのお嬢様方がキャーキャー黄色い声を上げたに相違ない、超イケメンW競演のマンガチックなインド映画(「花より男子」みたいな話、と紹介されているけど、キャラ配置的には「若大将シリーズ」のような?)。
 メインストリームはヒロインの(インド女優としては平たい顔で安達祐実似な)お嬢様との三角関係、のはずなのですが、彼女のお嬢様設定が、途中でギャグ要因に転化してしまったりして、どちらかといえば、イケメン同士がイチャつく「女性が喜ぶ男の友情」色強め。
 庶民派とセレブ派で派閥がはっきり分かれている学校で、それぞれのリーダー同士が、はじめはいがみ合いながらも、やがてお互いの置かれた立場を理解し合い、熱い友情で結ばれていく展開を、ことあるごとに割れた腹筋をさらしつつ繰り広げる、そんな作品です。
 CVつけるなら宮野真守と小野大輔でどうよ。

 話としては、一〇年後から始まって学生時代に戻って一〇年後に戻る展開がまんま「きっと、うまくいく」だったり、全然悪い人じゃないのに物語的に悪者扱いされてしまう校長がかわいそすぎたり、若干アレなところもありますが、インド映画らしいテンポの良さで、2時間45分が隅から隅まで楽しく、まったく苦になりません。

 ボリウッド特有のダンスシーンも、特にシャー・ルク・カーンが関わる最近の作品は洗練されていて、音楽といい映像といシーンが割り込むタイミングといい、ミュージカル映画としても上質だと思います。
 日本のお嬢様方にも、インド映画入門編として最適とおすすめしたくなる作品です。ほらほら、レリゴー歌うよりインド映画のマサラシステムに突撃すると楽しいに違いないよ。



ラ・ワン[ Blu-ray] / シャー・ルク・カーン, カリーナー・カプール, アルジュン・ラームパール, アルマーン・ヴァルマー, シャーハーナー・ゴースワーミー (出演); アヌバウ・シンハー (監督)ラ・ワン[ Blu-ray] / シャー・ルク・カーン
posted by アッシュ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396492742

この記事へのトラックバック