2014年12月02日

ラスト・デイズ・オン・マーズ と、新宿ミラノ閉館のこと

[50点]@新宿ミラノ3

 「新宿ミラノ・クロージング作品」と銘打たれたB級SF、とあっては行かずばなるまい、と気合を入れてみたものの……最後の新作というわけではなかったうえ(「ハネムーン」というホラーが今週末から)、それでもミラノ3、映画の日だというのに客は20人以下……関東では「新宿ミラノ単館上映」にもかかわらず、だぜ? という、いろんな意味で寂しさを味わうことに。

 さもありなん、という内容でした。
 普通におもしろいけど、何も新鮮味がない。ひねっていたのは「メインヒロインが死んでゾンビ化」くらい? 別に驚きゃしなかったけど。ていうかあの展開なら、僕なら絶対、アーウィンの排除過程で「キムさん再登場」させるけどね。

 「ゾンビ化」以外に物語に波風を立てる最大の要因として、「主人公がパニック障害持ち」って設定を突っ込んでるのもひどい。そんな奴はじめからクルーに加えてんじゃねぇよ!
 僕が大嫌いな「何が起きてるのかわからないアクションシーン」もてんこもりで、見てらんなかったし。救助艇の着陸シーンなんて、あれギャグだよな? まじめに作ってああなったんじゃないよな?

 ……というわけで、本作は舞台が火星ですが、舞台が南極の「遊星からの物体X」や木星の「エウロパ」を見とくほうがマシなんじゃないかな、て思った次第。


 さて、告知はだいぶ前だったかと思いますが、いよいよ新宿ミラノが年末で閉館となり、歌舞伎町の一時代が終焉のときを迎えます。
 すぐにTOHOシネマズ新宿ができるとはいえ、自分が引っ越して離れたせいもあって、「映画のために歌舞伎町」というイメージはすっかりなくなっちゃったなぁ。

 あと、正直な話、それでもたまに歌舞伎町に向かうと、ほぼ確実に変な客引きが寄ってくるようになりました。斜め後ろから、息を吹きかけてくるような角度で声をかけてくるのでキモいです。かつ、無視しても十メートルはついてきます。以前、オスカーやジョイシネマに足しげく通っていたころは、そんなにひどくはなかったのに。
 おそらく、「映画・演劇を見に行く一般人」というのが激減した結果、「歌舞伎町の奥に向かう人間は100%歓楽街目当て」という判断を客引き側がするようになり、呼び込めるかどうかの選別眼を失って手当たり次第に声をかけるようになったんじゃないかと思います。
 TOHOシネマズができても、皆様お気をつけくださいね。不安な方は、西武新宿駅の側から入るのが比較的安心です。


 閑話休題、新宿ミラノのクロージングはこんなラインナップとなってます。
 個人的には、「タワーリング・インフェルノ」を見ておきたいかも。

 エヴァ旧劇場版をやるのがちょっと話題なわけですが、12/25 の組み合わせに笑いました。「ポーラー・エクスプレス」「戦場のメリークリスマス」ときて「エヴァ旧劇」って、オレこんな落差のひどいクリスマス絶対やだよ!



新宿暴力街~烈華~ [DVD] -
新宿暴力街~烈華~ [DVD]
posted by アッシュ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック