2015年03月13日

コラム


 「アメリカン・スナイパー」も略したら「アメスパ」かしら。



 今年はアニメミライやらんのかなと思ってたら、映画館でかけるのは東京アニメフェスティバルだけで座席は抽選なのか! (その代わりにテレビ放送をする模様)
 とりあえず応募はしてみた。



 伝記映画が公開されたばかりの辰巳ヨシヒロ氏が亡くなったとの報。
 自分の生涯がひとつのかたちになって、安心したのかな。
 残念です。



 「マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-」で、晩年認知症になって町をさまようサッチャー元首相の姿を見て、感涙を禁じえなかったものですが。
 よもやもっと残念な元首相が日本人から現れるとは思わなかったさ!
 何度でも言うけど、まともな神経で考えればとうてい実施不可能な公約を鵜呑みにして当時民主党に票を入れた奴らは、全員「マイ・バック・ページ」を見て猛省すること。



 いまTOHOシネマズに行くと、一番面白い瞬間が
 「キャラクターバトルクラブって略したらキャバクラだよね?」
 「だから帰れよ!」

 である可能性が高い疑惑。

 TOHOシネマズといえば、新宿開業時に「紙兎ロペ」押しをするらしいんだけど、あれだけは、どこらへんの人にどんなフックがかかって、「人気コンテンツ」な扱いを受けているのかまったくわからない。
 東急系がパクった?「野良スコ」の方がまだ面白いよね?



 一方で東急レクリエーションは、MM横浜つぶす前になんでムービルを改築しなかったんだろう。どうでもいい店舗削って小規模のスクリーンを2、3増やせば、MM横浜の代替としては十分な規模になったと思うのだけれど。
 せめてさ、相鉄から東急レクリエーションに譲渡されたときに内装はかなりいじったっぽいんだけど、そのときになぜ「和式便器のほうが多いトイレ」を残しちゃったりするのか、意味わかんないんですけど。



 恵比寿ガーデンシネマが復活するのはすばらしいニュースだし、ハイソな雰囲気はここの特徴だからいいんだけど、ページトップのバーにあるのが「デザイン」「フード&ドリンク」「ファシリティ」で、せっかくのオープニング特集(ゴーストワールドの上映が!)は ニュース枠に PDF へのリンクはっつけただけというウェブサイトの構成にイラッとする。
 映画館なんだから、公開する映画の情報にまっさきにアクセスできるようにしなさいよ!

 それにしても、
 「従来のアート系劇場とは異なり、
  “飲食の名店が集う恵比寿ガーデンプレイスにあって、食と共に映像を楽しむ映画館として”
  “ヱビスビール発祥の地であることから、提供する飲み物にこだわりのある映画館として”
  その在り方を再定義していきます。」

 その「従来のアート系劇場」の代表格が以前の恵比寿ガーデンシネマで、「飲食禁止」で10年以上突っ張ってたわけですが……。
 単にコンセッションで稼ぎたいのが本音なのはわかってますんで、まぁがんばって再定義してください。映画館で「食を楽しむ」とか本末転倒で、「飲食禁止」の方がコンセプトに据えるにはまだマシな発想だと思うけど。

<3/18 追記>
 Web サイトまともになってた!
 けど、後段に書いた「従来のアート系劇場とは異なり……」の文章までコンセプトから消えてるのはなぜなのか。
 ウチみたいな末端ブログが影響を与えたとも思えないので、やっぱ各方面からおんなじツッコミを受けたんだろうな。



 さぁ明日は、スティーブン・ホーキング博士と、知られざる天才アラン・チューリングの伝記映画の同時公開という、理系超歓喜週の始まりだゼ! 後者の方が期待大だけど、さぁどうなるか……。



アニメミライ 2014 Blu-ray -
アニメミライ 2014 Blu-ray
posted by アッシュ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415542207

この記事へのトラックバック