2015年06月25日

短評(マッドマックス/予告犯/ザ・レジェンド)


 実写「ちはやふる」の主役は大方の予想通り? 広瀬すずでしたね。
 このキャストを見て思うことは、

・千早が広瀬すずなら、千歳(千早の姉)は広瀬アリスで確定なのでしょうか。
・肉まん君はどうする? いま「演技のできる高校生のデブ」が日本にいるのか、まさか今さら脇智弘? とか思っていたのですが、「銀の匙」の常盤を連れてきたのか! 完全にコミックリリーフ寄りではあるものの、雰囲気はあってるのではないかと。太る役作りをしてくるかどうか?
・森永悠希って聞いたことあるな、子役時代からいたよな? と思って調べたら、「しゃべれどもしゃべれども」の子供枝雀! うおぉ!

・そして、「広瀬すずの綾瀬千早」より「上白石萌音のカナちゃん」の方が絶対ハマり役。これは早く見たい!


マッドマックス 怒りのデス・ロード
[80点]
@ムービル
 いやぁ面白かった! ヒャッハー!
 オリジナルのマッドマックスって見たことないんだけど、能書き垂れずにとにかく「アツくなれ!」とぶっこんで来る作品はやっぱりいいね! いつごろからこういうのにビッグバジェットつかなくなったのかなぁ?

 オハナシ的には、細かいツッコミ入れ始めたらキリがないと思うけど、些細なことだね!
 それよりは、こんな荒っぽい話にも、「輸血袋」という設定が最後にバシッと決まる爽快さとか、ニュークスくんが変節の末に完璧に死亡フラグへ導かれていく涙なくして見られない展開とか、また、フュリオサさんが大隊長までいかにして成り上がったかを想像するだに泣けてくる、みたいな想像力を刺激する奥深さがあって、語りたくなる、ってとこがすばらしいです。


予告犯
[70点]
@チネチッタ
 前作「白ゆき姫殺人事件」でも気になった「不特定多数の悪意」の扱いのまずさや、ゲイツとサイバー課女史の差を「運」としか表現しきれてない点など、後から考えると粗は山ほど出てきますが、見てる間は意識させない、こういう動きのあるサスペンスを撮らせたら一級品の中村義洋監督の職人仕事。中盤の六本木でのおっかけっこが、制約多そうな東京都心部のロケなのに、カメラワークに違和感がなくお見事。
 また、キャストロールの最後が「荒川良々」という、若い俳優陣の生きのよさも見もの。濱田岳や鈴木亮平を食らうフィリピン少年役の福山康平君に泣け!


ザ・レジェンド
[50点]
@TOHOシネマズ六本木
 ニコラス・ケイジとヘイゼン・クリステンセンが、チャイナマネーで雇われて、中国の王朝の皇太子と姫君を守護する十字軍の騎士になる話。実質中国映画、だけど……中国人は、エンペラーでなくてキング、ダイナスティじゃなくてキングダムな、この小さい話に納得するんでしょうか。
 話もイマイチ盛り上がりに欠けます。途中で拾う女の子に、最後までまったく役割がなかったのには呆然。それにラスト、黒幕兄王子が、なんでそこで先頭に立って一対一を始めるのかまったくわかりません。
 ただ、アイディア自体は面白いです。こういう「時代劇のクロスオーバー」という試みは、もっと世界的に色々組み合わせてみると楽しいんじゃないでしょうか。



マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray] -
マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray]
posted by アッシュ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421275497

この記事へのトラックバック