2015年07月31日

短評(インサイドヘッド/シンドバッド1)

インサイド・ヘッド
[65点]
@チネチッタ
 アイディアは素晴らしいし、映像表現も心地よいのに、どうにも入り込みづらい作品。理由は単純、とにかく「ヨロコビ」がウザい。オープニングのドリカムPVよりもウザい。
 ……わかるよ、思春期前の子供(まして女子)から喜びだけを抽出したらああなるってのはさ!
 でもこれ、「ディズニーアニメ」のくくりではあるけれど、「その年齢」を過ぎた人にしか絶対わからない作品で、つまり親をターゲットにした作品なわけでさ。もう少しマイルドにしてくれてもよかったんでは。

 ところで、エンドロールに
 Dedicated to our kids. Please don't glow up,ever.
 って出てきたけど、どういう意味合いだろう? 字面通りなら、おまえら自分の作った作品のテーマわかってんのか、てことになるけど……。


シンドバッド -空飛ぶ姫と魔法の島-
[70点]
@品川プリンスシネマ
 ジブリが抜けた穴を埋めるべく制作された(?)、極めてラピュタ的な冒険アニメ。とはいえ作ったのは、40周年記念アニメと銘打つ日本アニメーション。そのジャンルはもともと俺らの庭じゃい、てなもんでしょう。
 でもそれなら、ちゃんと「映画」で作ったほうがよかったんじゃない? 6話分のOVAを2話ずつで3部作、とかやらないで。

 内容は、船乗りを夢見る少年シンドバッドが、悪者に追われる魔法使い一族のお姫様を偶然助けて……まあこれだけで十分だと思うけど、基本に忠実なボーイミーツガールです。でもその「基本に忠実」をここ十年くらいまったく見かけてなかったので、とても新鮮な気分で楽しめました。
 気になったのは、旅立ちの前に母に別れを告げるシーンがやや冗長だったことくらい。でもたぶんあのお母さん、魔法族となんか関係あるよね。



虫プロ・アニメラマDVD 千夜一夜物語/クレオパトラ/哀しみのベラドンナ -
虫プロ・アニメラマDVD 千夜一夜物語/クレオパトラ/哀しみのベラドンナ
posted by アッシュ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック