2015年12月22日

独裁者と小さな孫

[70点]@ヒューマントラストシネマ有楽町

 亡命したイラン人監督がジョージア(旧称グルジア)で作った、政権を追われた独裁者とその孫の逃避行を描いた作品。

 中盤、釈放された政治犯たちと合流するまでは、ピリッとしません。というのは、この作品、主人公がいかにして独裁者になったか、独裁者としてどんな非道をしたか、「それを受けた側の発言」以外に具体的に描写しないのです。主人公目線に立てば、「戦争のせいですってんてんになった世間知らずの富豪」でも同じ話になりそうなのに、周囲はただただ「独裁者と呼ばれる人間は必ず悪い奴」というレッテルをベッタリ貼って、ストーリーを進めてしまいます。正直不快でなりませんでした。
 でもそれは、自分が日本人だからなんだ、と気づきました。これを見るであろうジョージアの、あるいはヨーロッパ各地の観客には、リアルで見てきた「独裁者」がいるわけで、そのイメージに重ねてくれればいい、という作りなのだと思います。

 ラスト10分は圧巻。結局のところ感情でしか動けないあの烏合の衆をまとめるには、やっぱり強圧的な力が必要なのであり、同時にそのゆきどころのない感情を作り出したのも力であったわけで、どうしようもなく答えの出ない結末が苦いです。

 (うん、そういう意味では、本当に日本は平和なわけでねぇ……純粋に「知識」「理屈」「有権者の票」を固めれば「戦える」国のはずなんだけどねぇ……それを放棄した人間ばかりがでかい声を出して、その声に酔って「何か変えられる」って期待する連中はなんなんだろう……その先にはカリスマ押し立てての暴力革命しかない、ってことが見えてないのか、見えててあえて[それに行き着くのを期待して、それが楽しみで]やってるのか)



なぜ独裁はなくならないのか―世界の動きと独裁者インタビュー -
なぜ独裁はなくならないのか―世界の動きと独裁者インタビュー
posted by アッシュ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック