2016年03月24日

アーロと少年


 なんか TAAF がえらいことになってるらしいけど、大丈夫か……。


[80点]@チネチッタ

 ……なんかすげぇもん見た。

 いやね、序盤と終盤だけ切り取ったら、どこにでもある「勇気!」「家族!」なアメリカ映画です。それも、かなりトラウマ級のイベントを放り込んでくる、これホントに子供に見せていいの? 的な。
 すごくオリジナルな発想に見える「恐竜と人間の組み合わせ」にも、ほとんど意味はありません。「人間と犬」でもほぼ同じ話にできるでしょう。ぶっちゃけ、はじめのうちはつまんなくて、短編アニメの「僕のスーパーチーム」の方が面白いんじゃないかと思ったくらい(これガチ傑作! というか、この題材を世界規模の公開に組み込む勇気!)。

 しかし、話が進むにつれ、本作が何をしたいのかが、だんだん見えてきます。
 本作には、ここまで来たか! と思うくらい、実写と変わらぬ超写実的な背景映像が使われています。それにいかにもカートゥーンな、常時骨折してるみたく見えるデフォルメ恐竜が乗っかっているのはいささか奇妙滑稽ではあるのですが、ともあれ、その壮麗な背景で、おそらく現代ではアメリカでも撮り辛くなっているであろう、「大自然ロードムービーやろうぜ!」が本作の趣向です。
 ……うーん、それはどう考えてもイマドキ子供向けじゃないのが、この作品の辛いところですが。

 アーロと少年が大自然の中に放り出され、ぶつかり翻弄され手を携え、心を通わせていく。それも、「少年」は意味のあるセリフを発しませんので、ただただ映像でもって表現されます。それだけの内容が、なんとも沁みるし、なんかとにかくスゴかった。圧倒された。
 ホントに、「言葉で説明できない」という感想は、この作品ならば許してもらえると思う。つーか、言葉で説明すると、最初に述べたとおり「どこにでもある映画」になっちゃう。「感じる」タイプの作品だと思うのです。

 どうも世間的にはあんまり評価されてない感じで、本命は次の「ズートピア」みたいな扱われ方をしている印象ですが、僕は好きですコレ。



ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD] -
ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD]
posted by アッシュ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック