2016年05月04日

短評(スポットライト/ルーム/響けユーフォニアム)


スポットライト -世紀のスクープ-
[75点]
@チネチッタ
 実にサスペンスフルな傑作。息つく間もなく見せるテンポのよさが素晴らしいですが、その内に、決して善や倫理だけでない、報道の裏や限界もさりげに織り交ぜているところがニクい。
 この作品で一番怖いのは、本当にアメリカ人は行動規範や人格の成立を宗教に頼ってるんだなぁ、という点。でも作中でも示されるとおり、神を完璧なよりどころと認知していても、それを取り扱うのが、教会という必ずしも完璧でない人間の組織であるという不一致。これが、社会にとっても個人にとってもすべてを破壊してしまいかねない爆弾となる異常性、しかしそれを正すのもまた人間……というアイロニー。


ルーム
[70点]
@ヒューマントラストシネマ渋谷
 「世界が広がる一瞬」は筆舌に尽くせない素晴らしさでしたが、その後の「世界の受容」については個人的にはあまりピンとこなくて、展開の遅さにイラつきすら感じました。が、たぶん作品のせいじゃないです。作品自体があまりに真摯でウソがない作りであるために、人の親でなくかつ欧米人でない自分には、投げ込まれた直球が受け止めきれないんだと思います。あれっくらいの「部屋」に住んじゃってるしな!

 ところで、これで「アカデミー賞主演女優賞」はないでしょ、子役のジェイコブくんを主演男優賞にするか共同受賞と銘打つべき。


劇場版 響け! ユーフォニアム -北宇治高校吹奏楽部へようこそ-
[70点]
@新宿ピカデリー
 テレビシリーズの総集編ですが、「前年度何があったか」の話をほぼばっさりカット、久美子と麗奈の関係だけに絞って再構築しており、やや掘り下げの甘い感もあるも、これ単体で成立するくらい盤石の仕上がりになっています。演奏部分も大幅にグレードアップして、劇場で聞けて良かったと思えます。二期も楽しみ!



響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray] -
響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]
posted by アッシュ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック