2016年05月18日

ちはやふる -下の句-

[75点]@ヒューマントラストシネマ渋谷

 スゴイぞこれ。昨今の「邦画はor実写化はダメ」論争に一石を投じる問題作たりうると思う。邦画が「ダメな実写化」を作り続けた果てに「バクマン。」やコレができたのなら、決して無駄ではなかったのだ。

 映画に限らず日本の若者向け創作物に蔓延する「仲間」の連呼。かるたという題材の魅力を何一つ説明せず、代わりにテーマは全部セリフで説明。やたらと入る過去回想カットイン。ダメに思える部分がてんこ盛りだ。
 再撮影すべきミスを、たぶんスケジュールの都合で、セリフ調整だけでごまかしたとおぼしきヒドいシーンまである(しのぶちゃんが「着替える」シーンな)。

 でも面白いんだ。バクマン同様、「何を描くか」に迷いがない。

 上の句の感想で書いたとおり、本作はキャラ揃えた時点で横綱相撲だった。
 そして、手垢がついてようとおかまいなく、「仲間の大切さ」にテーマを絞って寄り切った。盤石である。

 満を持して登場する、「ライバル」にして孤高の存在である、しのぶちゃんの扱いが鮮やか。
 「なぜ千早がかるたの実力者なのか」原作には理由はあるんだけど、本作ではかるたのテクニカルな部分はほとんど描かれない。ゆえに、「しのぶちゃんが最年少クイーンである」事実にまったく凄みがなく、彼女には「開き直ったボッチ」以上の存在意義がない。
 しかし「仲間」を描く作品ならば、それでいいのだ。見事に、千早と鏡の表裏の位置に在るよう描かれている。過去回想も、仲間のいる千早にはあるが、いないしのぶにはないのだ。明確で力強い対比。実にわかりやすい。

 セリフ説明が過剰になる部分も、上の句で明確に「説教くさいキャラ」として登場し、実質的に「唯一の大人」である國村隼がまとめとして言う分には、納得のいく範疇だろう。むしろ、ターゲットたる顧客層の物語リテラシーを考えれば、これだけですませたのは立派、とさえいえるかも。

 というわけで、先から「邦画はダメ」論争でガタガタ言ってた奴らは、とりあえず上の句下の句合わせて本作を見るように!



TVアニメ『ちはやふる』 Blu-ray BOX【期間限定版】 -
TVアニメ『ちはやふる』 Blu-ray BOX【期間限定版】
posted by アッシュ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック