2016年05月24日

HK 変態仮面 -アブノーマル・クライシス-

[75点]@TOHOシネマズ川崎

 誰だ福田雄一にこんなにも予算を与えたのは!
 面白ぇじゃねーか!


 いやー、VFXにどんだけかけたんだコレ。CGの量が当社比300%くらいいってんじゃないの? それゆえ前作以上にアホが極まった、ツボ押さえまくりの良い「実写化」。
 福田雄一監督にやりたい放題やらせると、こういうことになるんだなぁ、と。予算安ければ安いなりに安いものを面白がって撮っちゃう人なので勘違いされがちだけど、以前「バクマン。」で書いた、邦画の生き残りに必要な「マンガ表現」のセンスが、独自かつパワフルな人なので、もっと「安くないもの」を撮らせてみてほしいと切に願います。

<追記 6/30>
 ……とか言ってたら「銀魂」に福田雄一かよぉぉぉぉぉ!



 いや、安いっていや、安いんですよ。どうしようもないシーンはいつもどおり山ほどあるし、「パロディだけやん、こんなん」とか言われたら返す言葉がないのも事実です。
 でもさ。
 いつもの尺稼ぎチックなムロツヨシの顔芸に、「メカニカルカニ歩き」が付加されるだけで、どんだけ破壊力が増すかッつー話よ。
 「主人公がニューヨークに行く」シーンがあるんだけど、福田雄一がニューヨークロケなんてやるわけないから、こちらは「どうやってごまかすんだろう……あー、やっぱごまかしたー、これのどこがニューヨークやねんケラケラケラ」と笑ったとたんにブッ込まれるあの衝撃よ!
 精神性最底辺レベルの下ネタコメディに「手のひらの上で転がされる」を味わわされる屈辱。くっくやしい! ビクンビクン

 この勢いの中核にいる鈴木亮平の筋肉美そしてマジっぷりは相変わらずすばらしい。柳楽優弥も見事に乗っかってアホをやらかしている。カンヌ俳優がカブリモノとか、今のカンヌの審査員が見たらきっと卒倒するだろうが、いいぞもっとやれ。


 だがこれだけは苦言を呈する!
 前回も書いたはずだぞ!
 最後の「脱いでからかぶる」はワンカットで撮れと!
 ていうか今回の場合、「そのまままたがってコスリつける」でよいではないか、何を生ぬるいことをしておるのか!

 ……へ、変態だー!



HK/変態仮面 -
HK/変態仮面
posted by アッシュ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438222120

この記事へのトラックバック