2016年06月02日

短評(デッドプール/ガンダムORIGIN3/殿、利息でござる)


 今日は Google ロゴが「ロッテ・ライニガー」だ!


デッドプール
[70点]
@TジョイPRINCE品川
 珍しく初日に鑑賞。
 序盤の路上ハイスピードアクションだけは、速さの緩急といいタイミングよく挟まれる小ネタといいサイッコーにキレるので、ここは必見といわざるを得ません。すばらしかったです。
 しかしそれ以降はトーンダウンするので、注意されたし。「マーベルユニバースにしては異端」であるだけで、キャラクターもプロットもそんなに珍しくはない、ていうかデッドプールさん以外は敵も味方も魅力が皆無な上に過去話は無駄に長いだけで、ストーリー派としてはいささか物足りないです。むしろマーベルを逸脱できない限界が足を引っ張っている感が強いです。
 コメディとしても、むりくり楽屋ネタとシモネタを連ねながら転がしていくだけなので、ネタの大半がわからない日本人には、ツウの皆さんがもてはやすほどには面白くないとしか……。リーアム・ニーソンの脇の甘さはまったくもってそのとおりだが!

 あと、本作のエンドロール後オチは、「眼帯のおっさんなんか出てこねーよ」て話よりも、あのインド人運ちゃんが、忘れてった銃器をどう処理したかって方がはるかに気になるのですが。


機動戦士ガンダムTHE ORIGIN III -暁の蜂起-
[75点]
@新宿ピカデリー
 第一章第二章
 シャアとガルマの出会いという、ファースト知っていると特に感慨深いエピソードを、バランスよく綺麗にまとめていて実に面白く、これまでの章と違い、余計なこと考えずにのめりこんで見られました。ガンダムやモビルスーツが出てこなくても、シンプルな架空戦記としてのよさが、白兵戦のリアリティによってより高まった感。邪悪なシャアが素晴らしいのなんの!

 ルウム戦役どうすんの? と言われてたんだけど、分割されることも判明して一安心。
 あと、見た後で、あの士官同期の女の子誰だっけ、記憶にはあるのになーと言ったら、ミネバのお母さんじゃん、と友人に返されて絶句。そうか、この時点のドズルはまだ結婚してないんだ! あのツラで!


殿、利息でござる!
[50点]
@109シネマズ川崎
 ピンとこない。劇中、瑛太が「あんたはどっちを向いているんだ!」と叫ぶシーンがあるけど、まさしくそんな感じ。中村義洋監督なので、個々のシーンの作り込みに手落ちはないのですが……。
 そもそもタイトルが間違ってるんです。史実がどうあれ、そして劇中でどんなに通貨価値の説明をしても、「利息」が話の中心にありません。
 「困窮する村を救う」目的に対する手段が「有力者が喜捨する」だけ。この作品には思惑の差こそあれ悪人は出てこないので、確執も弱い。娯楽のフォーマットに乗る物語ではないのを、どうにかごまかしている印象です(山崎努・妻夫木聡親子を「悪役」と思って欲しかったんだろうか? いやそれ、アバンで山崎努が悪人だと理解した人いねーべ? だから彼らの意図がわかっても「はぁそうだよね」でしかなく、人情ものとして成立しきらない)。
 最初から最後まで損得勘定でしか動かない、だがそういう冷血漢なりの処世術を見せ付ける、松田龍平の立ち位置はちょっと面白かったです。しかしそれゆえ、クライマックスでまた軸足がぶれてしまうというね……。



ロッテ・ライニガー作品集 DVDコレクション【3枚組】 -
ロッテ・ライニガー作品集 DVDコレクション【3枚組】
posted by アッシュ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック