2016年09月02日

短評(鷹の爪8/ソングオブザシー/ねむれ思い子/ダーティーコップ)


鷹の爪8 -吉田くんの×ファイル-
[70点]
@TOHOシネマズ川崎
 エックスファイル、じゃなくて「バッテンファイル」。
 上映時間40分を無料公開した前作と、ほぼ同質なのに68分で正規額の本作。「鑑賞料金」とは何なのかちょっと問い詰めたくなるね! つーか、オカルト系以外のネタはあらかた島根の観光案内なんだから、島根県は税金で補填してくれ!

 今回は、メディアミックスでコロコロで連載されたものの映像化(のはずなのに、上映時間がどこも午後〜夜に偏ってるのはなぜだ?)。これまでにも増して、精神年齢小学生レベルのくっだらないネタの連打です。
 いや、でも、それがいい。何度も言うけど、こういう頭からっぽにしてケラケラ笑うだけの、ストレス何もない映画が、FROGMAN の独壇場である邦画の現状がおかしいんですよ。「シンゴジは恋愛要素排除してウケた」と同ベクトルの話で、こういうのがウケると思うのになんで作られないのかな。

 今回はいつものお説教も小学生レベルなんで、くどくなくちょうどいい感じ、それどころかかなりキマっててカッコいい。しかも、ラストにはさりげなく「シリーズ全体を知ってる人向けの泣かせ」まで織り込まれている、いい按配でした。


ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
[75点]
@恵比寿ガーデンシネマ
 アイルランド産の長編アニメーション。本国アイルランドのアカデミー賞では、あらゆる実写作品を押しのけて「作品賞」を受賞したそうな。「動く絵本」的なアニメで、絵本風のデフォルメされた背景やキャラが、そのままグリグリ動きます。冒頭の「灯台の光」だけで心つかまれる美しさ。

 ケルト民話の「アザラシ女房」(日本の「天女の羽衣」と同類)をベースにした、妖精の母を持つ幼い兄妹の物語は、「我が家へ還るロードムービー」と「妖精の世界を救う冒険譚」をうまく織り交ぜており、派手さはなくとも、表現が豊かで飽きがきません。かつ、どこにも悪人がいない優しい世界が形づくられています。嫌な人悪い人にみえても、そこにちゃんと意味がある。途中で出会う妖精シャナキーが示すように、誰もが物語を持っている、そこが伝わってくるよいおはなしです。夏の文部省選定作品になったようですが、子供たちにも伝わるといいなぁ。
 ただ、ラストは、「世界一の兄になった」とちゃんと褒めてあげて欲しかった。そもそもアンタが何も言わんと去るのがあかんのやし、民話の登場人物ってそんなもんとはいえ、オレあの母ちゃんちょっと好かんよ……。

 ところで、登場する妹の名前が「シアーシャ」なのね。シアーシャ・ローナンと同じ。アイルランド語で「自由」という意味なのだそうです。


ねむれ思い子 空のしとねに
[65点]
@下北沢トリウッド
 タイトルを忘れてしまいそうなので、書いて残しておきたいインディーズ3Dアニメ。
 この持って回ったタイトルと、主人公の境遇をはっきりさせない序盤から唐突に宇宙に飛ぶ展開に、いかにもインディーズ的な独りよがりかと思ったら、描きたいものを描くだけじゃない練ったストーリーが繰り広げられて、想像以上に面白かったです。あのストーリーであのエンドロールはけっこうキツかった、いい意味で。

 ところで、あの役に井上喜久子を配したのは、絶対作者が強く希望した結果に違いなく、思いは通じるものなのだなと(笑 そこかよ!)


ダーティー・コップ
[65点]
@角川シネマ新宿
 いやぁ年に一度はニコラス・ケイジ見とかんとね。
 しかも「悪徳警官」のニコケイっすよ! 表は善人ヅラで内心は腐りきった、ゲス野郎な警官っすよ! もうそれだけで最高じゃん!
 さらに、今回はほぼイライジャ・ウッドとの二人芝居。こちらも悪徳警官だけど、普段からワルな奴に見えて、内心はまだ煮え切らないとこがある若手。この二人で、もっとワルな麻薬売人どもの資金の横取りを企てる……という筋立て。
 いやぁいいコンビだわ。どっちもイチモツありそうすぎて。

 説明的セリフなしに演技合戦でガシガシ進めてくタイプの作品なので、あんまりゴチャつかせてもつまらなくなるだけとはいえ、正直、ストーリーにはもうひと押し欲しかったのが本音です。
 絶対ニコケイの父親(ジェリー・ルイス!)は何か噛んでると思ったんだけど、何も出てこないし……(邪推するならば、最後に映った「2枚のチケット」、イライジャは「自分の分」と思ってはっとするけど、あれ「もう1枚は親父の分」だったんじゃあ……)。
 あと、「売人の黒幕が準備した隠し金庫」に武器がある、って別に驚くことじゃないよね。そんで、その建物に住人がいたら、「見張り」と考えるのが当然じゃないのかなぁ?



いやホント10年もよぅ続いたなぁ……。

クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史 (扶桑社ムック) -
クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史 (扶桑社ムック)
posted by アッシュ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック