2016年11月28日

戦争映画ベストテン


 今年もこちらに参加します。
 過去の参加リスト。

 <SF映画ベストテン
 <ホラー映画ベストテン
 <スポーツ映画ベストテン
 <アニメ映画ベストテン
 <音楽映画ベストテン

 何度も書いてますが、「戦争映画」は、「当時の人にはそれが日常」という視点を欠くべきでない、と考えています。なので自分の場合、軍隊が派手にドンパチする話より、そういう作品が上位に来ます。
 現代戦でなくてもよさそうなので、日本中国中世ヨーロッパ等の戦国時代劇ものもいろいろ考えてたんだけど、意外に思いつかないのは、そういうのは結局、ドンパチがメインになるものがほとんどだからですね。

 まずリストから。洋画の年号は日本公開年。



  1. イノセント・ボイス -12歳の戦場-(2006/ルイス・マンドーキ)
  2. 日本のいちばん長い日(1967/岡本喜八)
  3. ドローン・オブ・ウォー(2014/アンドリュー・ニコル)
  4. この世界の片隅に(2016/片渕須直)
  5. 火垂るの墓(1988/高畑勲)
  6. オーガスト・ウォーズ(2013/ジャニック・ファイジエフ)
  7. 戦場でワルツを(2009/アリ・フォルマン)
  8. 独裁者(1940/チャールズ・チャップリン)
  9. 硫黄島からの手紙(2006/クリント・イーストウッド)
  10. 王立宇宙軍 オネアミスの翼(1987/山賀博之)




以下5位までコメント。

1位/イノセント・ボイス -12歳の戦場-
 「この世界の片隅に」に衝撃を受けた方はぜひこれも見てください!
 戦争=日常という描写がもっとすさまじいことになっているから!

2位/日本のいちばん長い日
 原田版よりも岡本版、な理由はリンク先参照。

3位/ドローン・オブ・ウォー
 今このベストテンをやる以上は、絶対上位に挙げておきたい一本。現代の戦争は、「通勤」するのです。

4位/この世界の片隅に
 たぶん勢いで総合1位を取りそうだけど、入れないわけには。

5位/火垂るの墓
 「この世界の片隅に」との対比にこの作品を出している人が少ないのが気になります。ニュアンスは似てると思うんだけど。
 あと、これを公開当時二本立てで見た人間としては、「となりのトトロ」がなぜ人気なのかまったく理解できません。こっちのインパクトが強すぎて、トトロの記憶なんて消し飛んだってば。

 後はまとめて。真っ向から「ドンパチ」を描いた作品は「硫黄島からの手紙」だけになりました。

6位/オーガストウォーズ
7位/戦場でワルツを
8位/独裁者
9位/硫黄島からの手紙
10位/王立宇宙軍オネアミスの翼


 最後はネタ枠。でも軍隊の話だし戦争もしてるし冷戦モチーフだし全然問題ないですね。
 アニメが4本。戦争をシビアに描くなら、アニメのほうが向いていると思っています。「戦場でワルツを」の感想で述べたとおり、アニメだと「弱い軍隊」を描写しやすいからです。

 あと書いておきたいことは……、「ドローン・オブ・ウォー」を上位に上げた身としては、12/23公開の「アイ・イン・ザ・スカイ」を見てから投票したかった、ってことかなぁ。

 以上、よろしくお願いします。



イノセント・ボイス~12歳の戦場~ [DVD] -
イノセント・ボイス~12歳の戦場~ [DVD]
日本のいちばん長い日 [東宝DVD名作セレクション]
日本のいちばん長い日 [東宝DVD名作セレクション]
ドローン・オブ・ウォー [DVD] -
ドローン・オブ・ウォー [DVD]
posted by アッシュ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック