2016年12月05日

マダム・フローレンス -夢見るふたり-

[55点]@ユナイテッドシネマ豊洲

 予告編だけでホロリときてて、これが今年の「老人映画」枠かと勝手に期待を高めてたせいかもしれないですが、ちょっと首をひねるデキでした。

 何がまずいって、第一に、メリル・ストリープ歌うますぎ。「伝説の音痴」と呼ばれた人、それも50年以上死と隣り合わせでいた病弱、という設定なのに、隠しきれない圧倒的な声量。ヘタに演じてはいるのだけど、笑いものにはとてもできません、絶対この人将来伸びるって感じがしてくるんだもん。当時76歳の人だというのに!
 でもほぼすべての登場人物が、彼女の歌を聞くと全否定で嘲笑するのです。まったくわかりませんでした。そして、ここがわからない人には、絶望的に入り込めない作品になってます。

 で、思わせぶりに出てきた「夫の愛人」が本当に単なる愛人でしかなかったとか、最初は笑ってた女が、その後なんの絡みもないのにクライマックスでは唐突に「一生懸命やってるんだからいいじゃない」的に持ち上げ出すとか、夫がひたすら隠した「酷評」を知ったとたん主人公はショックで倒れてそのまま死ぬとか、この素晴らしい題材がどうしてこんな下手な料理になるのか信じがたいレベル

 あれさ、ヒュー・グラント演じる夫はもともとは遺産狙いで近づいたわけよな。でも、ヘタでも心底音楽が好きな彼女と25年も連れ添えば、そりゃあ応援するようにもなるよね、って話じゃないの? だったら25年間きっちり描写して、「彼女の音痴が時間をかけても矯正できない」エピソードを含めるべきだったんじゃないかな。Wiki によれば歌手デビュー1912年とかなってるんで、1944年だけにむりやり押し込むことなかったんじゃ……。

 もっとも、1944年に特化した話になって、「酷評」を伝えるニューヨークポストの一面トップが対日の戦局だったりするもんだから、「1944年アメリカ日常もの」という感触のある作品になってもいて、すずさんが苦労する頃海の向こうではこんなことやっとったんかぁーとしみじみ思っちゃったりもしました。



「ハイCsの殺戮」オリジナル・レコーディング(1937-1951) - フローレンス・フォスター・ジェンキンス&フレンズ
「ハイCsの殺戮」オリジナル・レコーディング(1937-1951) - フローレンス・フォスター・ジェンキンス&フレンズ
posted by アッシュ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444616641

この記事へのトラックバック