2016年12月06日

メン・イン・キャット

[70点]@TOHOシネマズシャンテ

 予約のとき、アレ?って思ったのです。だって FRENCH って書いてあるんだもの。フランス映画?
 見てすぐに、答えは解けました。……ヨーロッパコープかよ!

 というわけで、「オヤジの魂がネコに入り込む」という筋の、「ネコ動画みんな喜んで見てるんだから、ネコ映画もみんな見るだろ!」な短絡思考に基づく、安っぽくてあざといけどツボはガッチリ押さえた、非常にヨーロッパコープらしい作品。アクション以外でもこういうあざといのを作れたんですなぁ。
 犬がお父さんの国で若本規夫に予告編打たせて、ぬかりなしです。そういや日本でも「猫侍」とかやってたっけ……。

 (ここまであざとくやったわりに、エロ方向のサービスシーンがないのが意外ですが、ネコ動画が流行る理由のひとつは、PC的に安牌って部分もあるから、そのリスクは避けたってとこですかね。)

 最後に取締役会がなぜ逆転したかまったくわからんのですが、些末なことです。どれくらいCGなのかよくわかりませんが、カバンをトイレにするわ酒飲んでへべれけになるわ、やりたい放題の「ネコ動画」が「どうだこの野郎」と言わんばかりにぶっこまれるので、「ははぁ参りました」と見るしかないです。
 それでいて、わりと複雑な家族関係を(同族経営のまんまでええのかという是非は別として)、すっきり軽いハートウォーミングへとまとめていて好感触。ラスト近くの主人公の「一生あのトイレなのか」というふざけたセリフが感動を呼ぶあたり、よくできてると思います。

 あと個人的には、クリストファー・ウォーケンの元気な姿が見られて嬉しかったです。



劇場版 猫侍 -
劇場版 猫侍
posted by アッシュ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444647579

この記事へのトラックバック