2017年02月13日

虐殺器官

[60点]@TOHOシネマズ川崎

 ……うん、まあ、これまでの2作(「屍者の帝国」「ハーモニー」)に比べれば面白かったけど、物語が面白いところと映像が面白いところがまったくリンクしないあたり、伊藤計劃という作家は映像化には向かないしこの企画は失敗だったとしか。

 まして村瀬修功という監督は、本作同様マングローブの破産の影響をモロに受けたとはいえ、「ギャングスタ」を、救いようのない結末をすべての物語的説明をはしょって放り出すという、近年まれにみる最悪のエンディングを良しとしてしまった人。物語の咀嚼より、絵面のカッコよさを優先するんだと思います。人選間違えたんじゃないですかねぇ。
 軍事ギミック表現は、神山健治の攻殻を超えてそうなくらいカッコいいです(でも「ドローン・オブ・ウォー」「アイ・イン・ザ・スカイ」を見た後だと、標的の居場所もわからんのに歩兵で制圧ってのはいかにも古い)。しかしこの作品で重要なのはそこですか、と。
 物語がそういうことなら、この作品で執拗に描くべきは、アメリカ人の「平和な」市民生活でしょう。それを序盤の背景説明だけで終わらせてしまっているんだからねぇ……。



屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray] -
屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]
posted by アッシュ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック