2017年02月16日

x+y

[50点]@恵比寿ガーデンシネマ

 「僕と世界の方程式」という、書きたくもない絶望的な邦題で公開されている作品。

 原題が「x+y」。

 数学をテーマにした作品で、この究極にシンプルで美しい題名の価値がわからない人間なんて、言葉を扱う仕事から永久に消えてしまえ。


 ホント、「日本公開すべきでなかったのでは?」とすら思います。この作品のクライマックスは「親子の対話」で、あれはかーちゃん必死で「数学問題の表現で」愛について息子に説いているのです。字幕がそれを訳しきれていないため、感動のクライマックスなのにすごくのっぺりした印象になってしまっています。
 本作は2014年制作だそうで、それが今さらの日本公開なわけで、つまりは本作主演の(すっかりオトナになった)エイサ・バターフィールド君が、「ミス・ペレグリン」でも主演したので、それと同時期の公開なら何とか、という打算なんだろうな。


 理系映画なので興味深かったですし、個々のシーンは面白く見られるものの、正直、ちぐはぐな印象の強い作品です。どうしてこうなった。

 「数学オリンピックに挑む子供たちの物語」を主軸に作りこまれているので、母親と先生の関係のシーンがちょくちょく割り込むのが、話の腰を折りリズムを狂わせ、すごく苦痛でした。
 何しろこのかーちゃんが、「これまでの十ウン年間、息子をなんだと思っていたんだ」というレベルで息子を理解していないんで、物語からすぐフェイドアウトするとばかり思ってました。
 息子は単なる内向的な変人ではなく、はっきり ASD って診断を受けているんだから、それを関係者に周知するくらいはせぇよって話で。そんなだから、出会って2週間の中国女のハニトラに(笑)息子を持ってかれちゃうんだよ!

 ところが最終的には、主軸に見えた数学オリンピックを全部投げ捨て、かーちゃんにクライマックスを委ねます。話がちょくちょく割り込んでいたのはそのためだったのです。
 「十ウン年間何してたんだ」という疑念は晴れないものの、少なくともこの映画内では、「かーちゃんは死んだ父親と違い、落第レベルで数学がまったくできない人で、だから父親に理解できた息子が自分には理解できないと思い込んで苦しんでいた→先生と出会って数学を学び直したので、やっと息子と向き合えるようになった」という話なわけですね。
 で、そうして向き合った息子は「何も難しくない、ポテト鼻の穴に突っ込めばいい」と答える、と。

 ただその後、母に心を開いた息子の告白は、要するに「メイちゃんが好きになっちゃったみたい」、より的確には「あの女興奮する」でしかないわけで。
 結果、数学オリンピック自体に「メイに出会えた」以外の意味がなくなりました。彼を「異常者」「異端児」でなく「よくいるヤツ」と認識して接してくれた、物語の主軸にいると思っていたイギリスチームの仲間たちの存在は、どうでもいい何かに堕ちてしまいました。三角関係にすらならなかったレベッカちゃん。そしてリーダー格のアイザックくんてば、あの忘れもしないタレ目ではないですか。でも本作では存在感ナッシング。


 あれほど数学オリンピック合宿≒台湾ロケに重点が置かれたのは、もしかして、「中国市場を意識しただけなのかも」と考えると、余計に気が萎えます。この映画で、ちゃんと中国国内の公開枠に入れたんでしょうか……?



イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(字幕版) -
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(字幕版)
posted by アッシュ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447052897

この記事へのトラックバック