2017年03月08日

ラビング -愛という名のふたり-

[80点]@TOHOシネマズシャンテ

 「テイク・シェルター」「MUD」のジェフ・ニコルズ監督新作。
 正直、あまり期待してませんでした。前2作は、ネガティブな何かを「隠れたところから暴き出す」手管に魅力がありましたが、本作は、異人種間の結婚が違法だった時代、それを覆す裁判を起こした夫婦の実話がベース。
 当時の人種差別は、何も隠れてない周知の事実。それをニコルズ監督がどう表現するか。ありきたりのお涙頂戴に堕してしまわないか、不安だったのです。


 やられた。
 傑作。必見。


 なんとなれば、この作品には、「不特定の黒人が迫害を受けている」シーンは、一秒たりともありません。
 物語の結論も、「人種差別が解消した」とは表現しません。
 もっと南部の州であればもう少し苛烈だったろうとは思いますが(本作の舞台はバージニア州)、「分離すれども平等」とされた当時の白人と黒人の関係が、現実にはあれくらいの距離感であったのだとすれば。


 差別の本質とはなんなのか。
 誰が、誰を侮り貶め、何をしたならば、「差別」となるのか。

 その意味では、「人種差別」なんてものはこの世に存在しません。
 そうラベルを貼りたい奴がいるだけなんだ。

よく差別を語る文言の中で、反差別を訴える人でさえ「黒人 or 女性を『劣ったものと決め付けて』見下す差別があった」とものすることがある。そのロジックだと、「劣っていれば差別してよい」と言っていることに気づかずに。
 この作品に登場する「被差別者」は「底辺労働者」であり、彼らは「劣ったものがのさばっている」とみなされているのだ。そして実際彼らの多くは愚かで、優れた者を「優れている」という理由で信用せず、いつも逃げ道を捜している。思い至るべきは、現代において、トランプに投票したのもそうした人々であること。


 この作品は、穏やかにしかし鮮烈にそれを暴いて、腹の底に何かずぅんと来るものをぶちこんできます。


 うん、これこそジェフ・ニコルズ監督の真骨頂! 一生ついていくって決めたよ僕は(「ミッドナイト・スペシャル」日本公開してくれー!)。
 でも彼は、たぶん一生、アカデミー賞を取れないでしょう。むしろケンカ売ってるからね。
 いちおう本作で、奥さん役のルース・ネッガが主演女優賞にノミネートされてるけど、この作品で評価すべきは、不器用で小心者で無学で、法律家もメディアも信用できない卑近な男にすばらしい輝きを与えた、ジョエル・エドガートンの方。

 相変わらず終盤がもたつくのが、玉にキズですけどね。この作品は(現実に裁判にめっちゃ時間がかかったのはわかるけど)、ACLUが絡んで以降は、一気呵成に描き切るべきだったんじゃないかと思います。



MUD -マッド- [DVD] -
MUD -マッド- [DVD]
posted by アッシュ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447712365

この記事へのトラックバック