2017年04月17日

夜は短し歩けよ乙女

[80点]TOHOシネマズ新宿

 急に忙しくなって、更新滞りそうです……「人生タクシー」をいつ見られるかわからない……



 まず最初にすごく思うのは、湯浅政明監督が「デビルマン」を作るという話で。
 うがった見方かも知らんけど、超一流アニメ監督連れてきて/前哨戦にその監督の作品の新作を2本も公開/なおかつその2本が、「すでに評価の高い作品を作った座組」と「監督が好き放題やる完全新作」という組み合わせ、と、デビルマン映像化を再度企画として成立させるにはこれだけのみそぎが必要だったのか、と思わずにはいられず……。
 業が深すぎるぜデビルマン。


 で、まず公開されたのが本作。原作森見登美彦/脚本上田誠(劇団ヨーロッパ企画、個人的には「サマータイムマシンブルース」も忘れられない)と組んだ、週アニメの傑作「四畳半神話大系」とほぼ同一世界観の作品で、「黒髪の乙女」と彼女に恋する「先輩」の一夜の追いつ追われつ。……一夜のはずなのに一年が過ぎているキテレツな時間軸。

 いやもうスゴいわ。
 語彙乏しくって申し訳ないけど、湯浅監督の場合、どこがどうとか詳しく説明できる人そんなにいないと思うんで、許して。
 とりあえず、サイケで人智の想像及ばぬ凄まじいアニメーションが描き出すキテレツ時間軸に、大量の伏線とその回収を仕込んでなんら違和感なく、しかも重要なポイントは逃さず伝えてくる恐ろしい手際。
 見た目は全部無駄で大仰なことばかりしているように見えて、まるで無駄なところがないです。

 予告編を見ていて不安だったのは声優・星野源でした。どう聞いてもただのおっさんだったので。「聖☆お兄さん」はおっさんでよかったのだけども。
 坂本真綾→花澤香菜は、「乙女」のキャラが別物になっているので理解できます。「先輩」もだいぶキャラが違うとはいえ、四畳半神話大系における浅沼晋太郎の「こじらせた学生」演技は絶品なので、星野源が果たしてその域に到れるや否や。
 が、この作品って、実は乙女の方がメインで、先輩はあまり出番がない。少しずつ慣らしていって、ラストに一気に脳内会議、という弾けかたなので、納得のデキでした。あのシーンの浅沼晋太郎版も聞いてみたい気がしますけども。


 いずれにせよ、湯浅政明がいよいよメジャー級評価を受けはじめたようで喜ばしい限り。
 次の「夜明け告げるルーのうた」も楽しみです。一見してポニョみたいな設定に、わりと普通の話を載せてるぽいのが意外なのですが……さぁどうでるか。



マインド・ゲーム [DVD] -
マインド・ゲーム [DVD]
posted by アッシュ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449098905

この記事へのトラックバック