2017年05月30日

夜明け告げるルーのうた

[70点]@TOHOシネマズ新宿

 「夜は短し歩けよ乙女」に続く、湯浅政明監督の新作。

 面白かった、のですが。
 湯浅監督のポテンシャルを全部出した、というよりは、かの作風に、一般性のある背景や物語が乗るか? という壮大な実験作です。その答えは、「乗る」であり、喜ばしい作品でした。

 ただ、それゆえに犠牲になった部分も大きい気がします。湯浅監督らしいダイナミックなアニメーションが弾けるのは「ダンスシーン」なわけですが、「そこだけは弾けていいよという許可を得たので弾けている」感がハンパないのです。
 それはなんか、違うだろ、と。ブレーキかかってるんじゃないか、と。アバンタイトルに見せ場がなくて説明的で退屈で入り込めない、って、湯浅作品の構成としてはありえんミステイクではないかと。
 もう少し、こう、やっぱり言葉で表現しづらいんだけど、シームレスというか、ストーリーや緩急やアニメーションの触感を変えても一貫してダイナミックさを見せつける、って路線は譲ってほしくなかった。「夜は短し歩けよ乙女」はそれができていたのです。

 また、「一般性を意識した」と考えたとき、やっぱあの予告編はまずかったんではないでしょうか。湯浅政明のネームバリューを知らない一般層をかえって遠ざけた印象です。
 「見た目にポニョ」で二番煎じに見えてしまうのがつらい。コンセプトは全然違うのに。
 それに、「田舎の若者→閉塞感からの脱却」をメインプロットと思わせて客を呼ぶのは、今となっては「それだけで陳腐」のイメージがあり、難しいように思います。

 実際には、予告編ではほぼ出さなかった「常世思想」が物語の背景にあり、世代の連なりつまりは「親子愛」を泣かせどころにしているわけで。さまざまな親子の形と、その相互理解や行き違いが重層的に描かれ収束していく流れはお見事でした。
 ワン魚とかルーのとーちゃんとか、「子供に見せたい」タイプのアニメーションも多かったので、もっと「親子押し」で作りこみ&宣伝してくれたらよかったのに、と思うことしきり。

 ところで、とーちゃんってアレ、「最初からずっと」あそこに勤めてた、って認識で合ってるよね?



湯浅政明大全 Sketchbook for Animation Projects -
湯浅政明大全 Sketchbook for Animation Projects
posted by アッシュ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450367251

この記事へのトラックバック