2017年07月03日

ジーサンズ -はじめての強盗-

[70点]@チネチッタ

 僕の好きなタイプの老人娯楽映画。マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、アラン・アーキンが強盗する話。
 動機が、「元勤め先が買収(実質倒産)、資産を銀行が押さえたために、年金の支給が停止された」なので、ラストベルトの悲惨な現況を表に出してくるかと思ったら、あるにはあるけど全然控え目。中盤以降はひたすらクライムコメディです。
 その割り切りが実に軽妙で面白いです。不要な情報がなく、すべて回収されます。巧みで気持ちよいオチを三段階くらいかぶせてくる、後味のいい作品。ラストシーンの出費の金の出どころを考えると、「年金以上の贅沢」してる感じで、探られるとかなりヤバいんじゃねぇかと思いますが、まぁ些細なことですかね。
 ただ、その割り切りには逆に弱みもあって、「クライム」の部分に老人が主役である必然性はあまりありません。ていうか70代には不可能でしょうアレ。「体を鍛えた」は免罪符にはならんよ、札束があまりにも軽すぎる……。

 ちょっと面白かったのが、スーパーの警備員が全員カラードなうえ、捜査に協力する見返りに「ばあちゃんが逮捕されたから釈放して」とか言い出す皮肉なシーン。警備員の身内が犯罪者なわけで、それでも社会が成り立っちゃうのはいいのか悪いのか?

 あと、1回だけ場違いなラップ調が入る以外、音楽がいかにも古き良き娯楽コメディ! って感じですごく良かったです。



RED/レッド(字幕版) -
RED/レッド(字幕版)
posted by アッシュ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451479961

この記事へのトラックバック