2017年07月07日

忍びの国

[60点]@チネチッタ

 リアリティライン、て言葉があるじゃないですか。
 この作品は、「忍者」を、「土豪が統括する傭兵集団」という史実に近いかたちで描きつつ、人間離れしたアクションやスキルを駆使するフィクショナルな超人像も併せ持たせています。原作の和田竜氏か中村義洋監督かわかりませんが、非常にユニークで面白い線を引いたなぁと感心します。
 なのに。
 冒頭のツカミ、忍者同士の白兵戦から始まるんですこの作品。「真っ昼間」「白く見えるほど乾いた砂地」の「集団戦」で、忍者が全員、全身黒ずくめの忍者装束。

 ギャグまんがだよね?

 そういうふうにツカまれた僕の、本作に対する総評は、「笑えないギャグ映画」です。
 そこで「忍者の服装」ごときでひっかかったりしない方にとっては、……いや自分も、アレがせめてカーキか焦げ茶くらいのカラーリングであったなら、史実の天正伊賀の乱を、娯楽アクションへと換骨奪胎した見事な作品として評価できるのではないでしょうか。



映画「のぼうの城」【TBSオンデマンド】 -
映画「のぼうの城」【TBSオンデマンド】
posted by アッシュ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451594182

この記事へのトラックバック