2017年07月26日

怪盗グルーのミニオン大脱走

[80点]@ユナイテッドシネマアクアシティお台場

 月泥棒危機一髪ミニオンズ
 おなじみイルミネーションスタジオの最新作。今回は「泥棒を止めたグルーには実は泥棒志望の双子の弟がいて、ともに共通の敵に立ち向かう」……的な話、なんだけども。

 いやもう……今回の感想を一言で言うと、

 「中だるみが始まったと思ったらクライマックスだった」

 「危機一髪」に比べて断然面白く、テンポがいい。体感時間が短いのなんの。

 僕は、「伏線が収束していく」展開って大好きなのだけど、このシリーズに限っては例外。
 ストーリーと呼ぶべきものは、あるにはあり、例によってグルーと三姉妹の視点をまったく違えて進行していくのだけど、すこぶる浅いです。浅いので、もう「月泥棒」のような泣ける感覚はなく、「マーゴはこのままチョロインの道を歩むのか(笑」なんという反応くらいしか湧いてきません。

 しかして本作は、「ミニオンズ」同様、とにかくアホネタのラッシュラッシュ畳み込み。クライマックスに至って、話を畳もうとするがためにネタの勢いが止まり、中だるみに似た感覚を覚えるという。

 「大脱走」のシーンなんて、ストーリーにビタイチ関係しないのに面白いし、一方でグルーの方も、本シリーズ共通のネタである「敵アジト侵入」が、アホのドルーと二人三脚の展開にすることで寸断なく笑いを取る方向に作りこまれています。コントの原点とも言えそうなネタなのに、まだまだできるもんですねぇ。凄いわホント。


 声優陣のこと。松山ケンイチと生瀬勝久が「聞いても彼らとわからない」レベルのハマりぶり。すばらしかったです。芦田愛菜は相変わらずうまいけど、そろそろアグネスは卒業させてあげましょうよ。
 なので、主役夫婦の滑舌が悪いのがなんとも……。鶴瓶はもうアレが味なんでかまわないのですが、中島美嘉は切り捨てる勇気が必要だったんでは、と思います。ていうか、「続編が出て続投させなきゃいけないリスク」を、芸能人キャスティングする人たちによーっく考えていただきたい。

 ……あと、今回は宮野真守って何やってたっけ? ネタ枠でないのが残念だとても残念だ。



ミニオンズ (吹替版) -
ミニオンズ (吹替版)
posted by アッシュ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック