2017年08月17日

短評(ホームカミング/ファウンダー/スターシップ9/右目と左目で見る夢/裁き)


スパイダーマン ホームカミング
[80点]
@TOHOシネマズ渋谷
 言わずと知れたスパイダーマン。ソニーとマーベルが提携して、無事アベンジャーズ加入が成った、「シビル・ウォー」の直後から始まる再リブート。
 面白かったです。変な言い方だけど、今年の「君の名は。」たりうる作品。なんとなれば、めちゃくちゃテンポがいい。派手なシーンも地味なシーンも、細かいネタを入れつつ次へ次へまた次へと進めて、ちょっとやそっとのアラはさっさと押し流すと同時に、「先を知りたい」という渇きを的確に鎮めてくれます。若者層はこの速度でないとついてこないって、すごくわかってる作り。そのスピードの中に落とし込むあの「衝撃の真実」。それを超えた先の、苦みを含んだ少年の成長……。
 これでアメリカの学生のパーティー文化、なんてのがメインプロットでなければ、日本でももっとぐわーっと盛り上がるんだろうけどなぁ。

 ところで主演のトム・ホランドの Wiki 見てたら、映画初出演が「借りぐらしのアリエッティ」英語版の吹き替えだったってマジですか。


ファウンダー
[65点]
@角川シネマ新宿
 ホームカミングで悪役を演じたマイケル・キートン主演で、田舎のハンバーガー屋だったマクドナルドを世界最大のフランチャイズチェーンに築き上げた、レイ・クロックの一代記。……ていうか、彼が時代の変革をもたらす陰で貫いたえげつないまでの上昇志向を、余すところなく描いた作品。日本人的には後味悪いけど、アメさん的にはマクドナルド兄弟の方が固陋で愚かな敗者として、バランス取れて見えるんだろうなー。


スターシップ9
[65点]
@ヒューマントラストシネマ渋谷
 スペイン・コロンビア合作のSF。移民のため旅立った宇宙船にトラブルで一人取り残された女性のもとへ、修復のため一人のエンジニアが現れる。規模的にもネタ的にも「月に囚われた男」を彷彿とさせる、宇宙の閉鎖空間を舞台にした小品、と思いきや……。
 凝った設定にも関わらず、説明セリフが要所要所にとどまり、雰囲気で理解させようとしている印象があり、個人的には物足りない印象があります。ただその「雰囲気」は絶妙で、少なくとも日本人には、こういう「暗さ」をまともに演出できる映画監督はいないよね。気鋭のスペイン人監督、とのことですが、これは一度大作を見てみたい感。


山村浩二アニメーション 右目と左目で見る夢
[55点]
@ユーロスペース
 久々の山村浩二短編集。今回は、「依頼を受けて」とか「共同制作で」という作品が大半で、山村作品の一番の魅力だと思う暴力的とも見えるイマジネーションは薄かった印象。縦長のビル向けのプロジェクションマッピング用映像を映画館で上映、ってのは斬新なのか苦渋の策なのか?


裁き
[70点]
@ユーロスペース
 インド発の法廷映画。といってもクライム・サスペンスではなく、またボリウッドスタイルも排して、ガチガチの固定カメラで、ある裁判の顛末とそれに携わる人々の日常を切り取っていく作品。インド映画も新たなステージのものが日本に入ってくるようになってきたようです。
 解説によるとカーストの問題もあるようですが、要は、民衆を歌でアジる扇動家をなんとか牢に入れたい検察側が、「おまえの歌の歌詞を真に受けて自殺した奴がいる、自殺幇助だ」と日本人的には無茶にも程がある難癖で逮捕、その無法と争う弁護士の物語。

 左翼さんたちはこの作品を、いわゆる共謀罪と絡めて権力の横暴うんぬんと喧伝するでしょうが、それ以前に日本は、国会を人民裁判所扱いしても誰も疑問視しない恐ろしい国で、まず先に「司法に対する信頼」を構築しないことには、この手の横暴は正されません。この作品の、判事も検察も人間であることをきちんと描写する誠実さこそ、見習いたいものです。



シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版) -
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (字幕版)
posted by アッシュ at 16:49| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: