2008年05月01日

クローバーフィールド HAKAISHA

[60点]@渋東シネタワー

 んー、
 んー、
 なんか消化不良です。
 「巻き込まれた一般市民がビデオカメラで撮った映像」だけで作られた怪獣映画。発想は最高だし、すっげー映像なのはわかるし、けっこう見入ってはいたんだけど、ぶっちゃけおもしろくない。

 「撮影者」であるハッドが、「無神経なヤツ」というキャラづけなのでかなり救われてはいますが、それでも、緻密に計算しているらしい(と思えちゃう時点で緻密ではないんでしょう)カット割りや、「この状況でこのアングルでカメラ構えてる奴ぁいねーよ」というシーンの多さに萎えてしまったんですよ……。
 そーなるとこれって、撮り方が特殊なだけの、後の中身はわりかしスタンダードな───むしろ、主観に徹するがゆえに説得力に欠ける───パニックムービーなんじゃないかなって。


 あと、あのモンスターってそんなに秘密にするようなしろもん?
posted by アッシュ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95336940

この記事へのトラックバック